« ★★★ワークショップ大詰め。そして・・・ | トップページ | 選ぶ勇気を。 »

幾つになってもドキドキを。

都内某駅前から見た夕陽。

久し振りに夕陽を拝めた東京。

この夕陽を初芝崇史と共に見ていました。

昼と夜の間のこの僅かな時間に、

僕は人生初体験をしました。

駅前というおもいっきりパブリックな場所で、

僕は歌いました。

崇史と、崇史のギターと一緒に。

恥ずかしいに決まってます。

初体験だもの。

でもね・・・

なんだか気持ちがよかったのですよ。

今まで生きてきた中でいつの間にか着込んでいた、

「恥ずかしさ」という服を一枚脱げたようで。

「なんでそんなに着込んで役者なんてやってんの?」

自分の中で、もう1人の自分が訴えてくる。

ホントは全てをさらけたい。

人並みに生き、

でも紙一重人並みじゃない、

その薄く厚い一枚を破った生き方をしたい。

そう思ってます。

その為には、

こうして刺激を与えてくれる存在がいることは、

とてもありがたいことです。

そして僕も、

関わった人に、

観てくれた人に、

刺激を与える人になりたいです。

☆ケージ☆

« ★★★ワークショップ大詰め。そして・・・ | トップページ | 選ぶ勇気を。 »

コメント

いわゆる一つの『路上ライブ』ってヤツですか。
歳を重ねる毎に新たなる体験は減っていきますよね。まだまだ若い!!色~んな体験して個人としても役者としても、引き出し沢山作れると良いねnote

>ウイングさん。

役者の引き出し・・・

わ~超欲しい!!

役者の引き出し、

イコール、

人生経験。

なのかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279503/34389123

この記事へのトラックバック一覧です: 幾つになってもドキドキを。:

« ★★★ワークショップ大詰め。そして・・・ | トップページ | 選ぶ勇気を。 »