« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

『解散ショウ』稽古日誌・15

「旅、してえなぁ~。」

って、

自宅の部屋の窓から見える空を見ながら思いました。

どこか目的がある訳じゃないけど。

本日、稽古はお休み。

と、いうわけで旅に出ました。

「衣装探し」という名の旅に。

本番間近なので、のんびりはしていられません。

結構血眼になって探しました。

さて、本番どんな衣装で登場するか!?

お楽しみに。

そうそう、

演出家・石井さんの日記に、

今回のキャストの紹介が書かれています。

僕の事も書いてくれました♪

http://www.minotakeplan.com/memo-n.html

しかしさすが作家であり、演出家です。

よく見ていらっしゃる。

そしてポロリと書かれる舞台に対する本音に、

ハッとします。

勉強、勉強・・・。

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・14

稽古開始前の一人の時間。

毎日、

通り道にある100円(正しくは105円)ショップでドリンク買って、

稽古場入り。

いつもならコーヒーなんですが、

身体を思って今日は野菜ジュース。

普段なら、

「絶対ビタミンとか入ってねえよ」なんて、

悪態ついて買わないのに・・・。

本番近くでやっぱり気にしてるんですね、

体のこと。

実際飲んだからって健康になるわけでもないのですが、

気持ちだけ。

「いたわってますよ~」って自分の身体に媚びてみる。

でも、タノム!!

健康でいられますように!!

マジ稽古は追い込み。

これから連日通し稽古の嵐です。はい。

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・13

ただいま~。

先ほど降り始めた雨に当たらず無事帰宅。

しかし寒いです、今日の東京。

さてさて、

『解散ショウ』稽古も大詰め、追い込みに入ってきました。

物語の後半稽古なので、

体力、集中力、なかなかの消耗です。

稽古時間もみっちり、

内容もぎっしりになってきますので、

頑張らないと。

そうそう、

当日パンフのサンプルが出来上がり、

今日見せてもらいました。

ふふふ、

わははは、

素敵な出来です!!

お楽しみに♪

さて、

明日に備えて今夜はおやすみなさい。

☆ケージ☆

一日の始まりの場所だから。

突然、

トイレの模様替えをしました。

なんだかスッキリしました。

風水とか全然詳しくないけど、

トイレなどの水周りはキレイにしていないと、

運気が逃げると聞いたような。

ま、運気がどうかはさておき、

使うのは自分。

汚れていても自分がスルーしてしまえばいいんだけど、

どうせならキレイな方が気分がイイ。

スッキリする場所ですからね。

なんて書きましたが、

過剰に潔癖なわけでもなく、

抜群にセンスがいいわけでもなく、

普通ですよ。

僕の性格、

僕の趣味。

ね。

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・12

稽古場に、

続々と小道具が揃ってきています。

『解散ショウ』稽古日誌・12

ジャーン!!

今回の芝居の舞台は病院ですからね。

パーテーションに点滴。

うーん、これだけでそれらしく見えるなぁ。

そして・・・

『解散ショウ』稽古日誌・12

懐かしいなぁ。カセットデッキ。

デカイ、重い。

でも、音はイイ♪

で、どんな芝居??

ふふふ、観てのお楽しみです。

☆ケージ☆

ババン!!とBAND♪

本日、

親友・初芝崇史、挑戦の日。

下北沢にて、バンドを率いてのライブでした。

・・・とはいえ、

実は僕、別件の為、ライブ本番は聞く事が出来ないので、

リハを見させてもらいました。

出会って今日まで、ギター一本でのライブしか見ていない僕は、

初めて見る、聞くNEW初芝崇史でした。

「やりたい事をやりたいようにやる!!」

それを貫く事が難しい現代。

だけど今日の崇史を見て、

とてもカッコよかった。

形だけじゃない、

目に見えない部分が。

「やりたい事を実現した強いハート」が。

夜、

ライブを終えた崇史からメールが来ました。

「ライブは成功。次は啓二の番だ」と。

確かに。

「自分がやりたい事に忠実に。」

頑張らなきゃ。

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・11

こんばんは。

本日は当日パンフに載せる写真を、

カメラマンの方にとっていただきながらの稽古でした。

どんな当日パンフになるのかな?かなかな??

稽古終わりには衣装を着ての写真も撮ってもらったり。

今回は旅芸人一座の話ですからね。

落語家がいたり、漫才、手品、漫談、腹話術。

稽古を重ね、それぞれ役になってきているメンバー。

衣装を着たらもう、まさに!!

わはははは。ふふふふ。

とにかく笑いの絶えない一日でした。

写真撮影の様子を撮影、パシャリ。

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・10

息抜きがヘタで、

器用じゃない僕は、

ひとつの事に没頭すると他の事が手に付かなくなります。

結果、

自ら途方もない長く真っ暗なトンネルに迷い込みます。

自滅。

幾度となく迷い込んできました。

その繰り返し。

昨日、稽古が休みでした。

すっかりトンネルに迷い込んでいた僕は、

思い切って台本を離しました。

昨日は大好きな友人の誕生日で、

仲間たちと彼のバースデイパーティーをしました。

楽しかった、みんなでいっぱい笑った。

いつしか僕も元気になっていました。

人は苦しむために生きているのではない。

楽しむために生きているのだ。

悩んだり、落ち込んだ時は、

大いに人に頼っていいんだと思う。

だからと言って、

今立っている場所が変わるわけではない。

だけど、

昨日より確実に力強く歩けている自分がいると気付く。

まだまだトンネルの中。

でも心細くはない。

本番まで残り2週間。

大丈夫。

ほんの少し、

出口の光が見えたから。

☆ケージ☆

流行りの・・・

お取り寄せ。

皆さんはやりますか?

僕は、一度もやった事がありません。

偶然にも出会った超美味しいモノも一期一会。

そこまで食に興味がないのか。

いや、ただ面倒なだけ。

そんな僕の元にお取り寄せのお裾分けが届きました。

流行りの・・・

明太子茶漬け。

ひゃー!ビックリするほどうまいっす。

ありがとうございます。

美味しくいただいています。

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・9

「実力のある人ほど自由だ。」

先日見ていたドキュメンタリー番組で誰かが言っていました。

「なるほど。」

今、日々の稽古の中で、

自由に生きられない自分に、苛立ったり、悔しかったり・・・。

今までの自分の芝居のやり方や、

自分の中に出来上がった禁止事項などがあって、

それらが自分を不自由にしているんだと思います。

そんな自分の目の前で、

共演者の先輩たちは、

生き生きと、狭い舞台を縦横無尽に自由に生きています。

さすが様々な現場で経験を重ねてきた実力者たちなんだな、と。

実力は様々な実験と失敗と成功の積み重ねだから、

やり続けます。

腐るなよ、俺。

☆ケージ☆

頭の中、心の奥。

一日の終わりに、

出会った人たちのブログを見るのが日課です。

人それぞれ。表現も様々。

会えなくても、

「元気にしてるんだなぁ」って安心します。

そして、元気や刺激をいっぱい受けます。

僕もブログを始めて、

日々の中で、発見が増えました。

これからも、

『交YOU録』よろしくです!!

☆ケージ☆

nagomiな時間。

本日、5月20日、

「三ツ星キッチン」のKAZZさんの誕生日でした。

お祝い伝えたくて、

稽古帰りにKAZZさんのお店「nagomi DAIKANYAMA」に立ち寄りました。

23時頃到着したのですが、

店内は和んだ空気で、

知り合いの方々とも会え、嬉しかったです。

バーテンのTOMOにも久し振りに会えました。

なにより、KAZZさんの満面のニコニコ顔を見てると、

こちらまで幸せになりました。

「KAZZさん、おめでとうございます!!」

nagomiな時間。

☆ケージ☆

バトンを渡す生き方を。

今日、昼休みしていた公園で、

小学生の何人かがサッカーをしていました。

驚きました。

めちゃめちゃ上手!!

力強いシュート、器用なリフティング、

いやぁホントにびっくりしました。

その光景を眺めながらふと思いました。

僕が彼らくらいの頃、

まだ日本にJリーグはなく、

テレビでサッカーを見る機会はほとんどありませんでした。

それから10数年、

Jリーグが発足し、多くのスター選手が現れました。

世界レベルで見れば、

日本のサッカーはまだまだかもしれません。

でも、この10数年の軌跡を振り返ると、

めざましい発展、成長ではないでしょうか。

そしてプロ選手たちに憧れ、

日々練習をする若き選手たち。

先人が切り拓いた道をまた次の世代が歩んでいくのです。

スポーツは結果が全てだと言われますが、

結果以上に、

その選手の生き様が人の心を揺さぶるのだと思います。

「価値のある負け」という言葉はあまり好きではないけど、

その言葉の意味、すごくよく分かります。

僕はスポーツ選手じゃないけれど、

「先に生まれた者として、

後世に何か残せれば、

先輩たちから受け取ったバトンを

しっかり後輩たちに渡さなきゃ。」と、

楽しそうにサッカーをする少年たちを見ながら、

そんなことを思っていました。

しかし、まだまだ受け取るバトンが多すぎる。

それもまた楽しみのひとつだけど。

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・8

本日、

今年初の半袖シャツで外出。

そんな夏日な東京でした。

しかし風が強く、

向かい風と戦い稽古場へ向かいました。

本番まで20日。

まだ20日ある?

あと20日しかない?

いずれにせよ日々前進あるのみ、です。

さてさて皆様、

5月も中旬を過ぎました。

そろそろ6月の予定はお決まりでしょうか。

『解散ショウ』是非観ていただきたいです。

「ミノタケプラン」第11回公演

『解散ショウ』

@下北沢「劇」小劇場

【タイムスケジュール】
6月
8日(火)19:30
9日(水)19:30
10日(木)14:00&19:30
11日(金)19:30
12日(土)14:00&19:00
13日(日)14:00&19:00
14日(月)19:30
15日(火)19:00
(全11回公演)

【料金】
全席自由・日時指定
前売り3500円/当日3800円

以上です。
チケットの申し込みは、
までメールください。
連絡お待ちいたしております。

☆ケージ☆

だから・・・ありがとう。

人間だから、

腐りそうになることもある。

でも、

「腐ってたまるか」って、

自分に発破をかける。

そんな時もある。

かなり強引なエネルギー。

* * * * * * * * *

今やっていることが、

誰かの役に立っている。

そう思うと、

優しいエネルギーが湧いてくる。

「ありがとう」

その一言が、

無限のエネルギーになる。

今日は幾つもの「ありがとう」をもらった。

だから、

僕もいつもより多く「ありがとう」と言えた。

そして本日最後は皆様に。

「いつも応援、ありがとう。」

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・7

稽古では、

準備して作ったものを、

こわして、こわれて、こわされて、

気がつけば、

昨日とおんなじところに立ってるんじゃないか・・・俺。

そんな不安にもなるけど、

こわれて出来た瓦礫の山の上に立ってる自分、

昨日よりちょっとでも高い場所にいるはず。

そう信じて、

存分にこわしていこう。

掴みたい、目指す星を。

届け、俺の手よ。

☆ケージ☆

交友日和。

いい天気でした。

今日は朝から初芝崇史くんのボイトレを受け、

昼、劇団時代共演したトランペッターのライブがあり、

ライブは聞けないけど久し振りに会いに行き、

そして夜、

崇史と合流し舞台を観劇。

「三ツ星」で出会った「若泉亮さん」が出演されている、

「劇団Birth」の『太陽が昇る頃』を観に、

「シアター風姿花伝」へ。

劇場で三ツ星WSで共に学んだ役者たちに会い、

またまた、知り合いにも会い、

たくさんの交友のあった一日でした。

舞台はとっても良かったです。

舞台を観ることは、舞台に立つ刺激にもなります。

頑張るぞ!!

さてさて、

本日5/15、

7月三ツ星キッチン『home』の一般発売が始まりました。

まだチケットご予約でない方、コチラでも承っております。

keijinoie@yahoo.co.jp

お名前、日時、枚数、連絡先(メールアドレス)と共に、

メールください。

土日、千秋楽は残り僅かのようです。

ご予約お待ち致しております。

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・6

稽古は・・・格闘、葛藤は今日も続く。

昨日からいよいよ立ち稽古。(まだ台本を持ってですが。)

やはり動きが付くとまた変わってきて、うん、面白いなぁ。

共演者の方々は皆さん先輩で、

ミノタケの芝居づくりも知っていて、

僕は感心するばかり。

・・・と感心ばかりじゃいけません。

僕もカンパニーの一員ですから。

で、今日の晩酌。

粘り強くなるため、

豆腐にネバネバ乗せ。

納豆、オクラ、きゅうり、ミョウガ、などなど。

(ビジュアル的にイマイチですが。)

そして芋焼酎ロック。

どーよ、俺。

粘り強くなったかい???

☆ケージ☆

便りは頼り。

今月に入り、

舞台のお知らせと共に、

「お元気ですか」とメールや手紙を書きました。

ホントにお久し振りの人もいて。

あまりに久し振りだと、

舞台のお知らせだけするのって何だか気が引けます。

だからこそ、お返事いただけると嬉しいです。

「元気だよ」

この一言で心があったかくなります。

そして昨日僕の元にもメールが届きました。

東宝ミュージカルアカデミー4期生であり、

「三ツ星キッチンWS」で共に学んだ役者たちからです。

6月、なんとあの「シアタークリエ」への出演が決まったそうです。

卒業後、素晴らしいスタートだと思います。

「みんな~、出演おめでとう!!!」

僕も6月『解散ショウ』7月『home』頑張るぞっ。

6/6公演当日、

残念ながら僕は『解散ショウ』の稽古大詰めなので観にいけません。

でも、応援しています。

※公演詳細はhttp://www.tohostage.com/sff/index.html

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・5

僕は、

いわゆる「雨男」だと思います。

持ち堪えていた雨も、

僕が玄関出たとたん降りはじめる。

なんてことはよくあること。

今日も重たい雨雲。

「なんとか稽古場着くまでは降らないで」

と、祈りながら支度を始める。

すると、

ポタ、ポタ・・・

ザー、

ザー、

ザー、

雨です。

「別にいつもの事だし」

と思いながらも、舌打ちする。

どんだけマイナス思考やねん、俺・・・。

そして数分後、

支度を終え、重い気持ちで玄関を出る。

すると、

なんと!

眩しい!

日の光が差してる!

しかも青空。

奇跡!などと感激しながら、

雨上がりのひんやりとした空気を割いて、

今日も自転車で颯爽と駆ける。

「今日はいいことあるかもな」なんて思いながら。

どんだけプラス思考やねん、俺♪

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・4

本日は稽古はお休み。

だからといって完全休養ではなく、

「考える猶予を与える!!」と言われている様で、

本日も台本に向かう。

まだまだ稽古は前半戦で、

これから深いところに向かうにつれ、

苦しい戦いを強いられるわけで。

さて、誰が強いるのか。

それは自分でありたい。

演出家はダメ出しをするけど、

追い込む、突き詰めるのは自分自身でありたい。

そういう役者でありたい。

僕は器用じゃないから、

嘘がつけない。

だから、

真実になるまで追求しなきゃ。

あ、

苦しい戦いなんて言いましたが、

この戦いが好きなんですよ。僕は。ムフフ。

明日も稽古頑張ります。

※1・「ミノタケプラン」の演出家の頭の中を覗いてみたく、

石井さんの日記を読みました。面白いですよ。

「ミノタケプランHP」http://www.minotakeplan.com/

※2・『交YOU録』から「ミノタケプラン」のHPにLINKできるようになりました。

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・3

『解散ショウ』稽古日誌・3

稽古場一番のり!

誰もいないのでセルフタイマーでパシャと一枚。

昨日、共演者の方に近道を教えていただき、

無事に迷うことなく、スムーズに到着できました!

今回の稽古場は閑静な場所にあり、

三階、一面窓、風通しもいい爽やかで穏やかな空間です。

稽古場イコール地下、または窓なしという経験の多い僕には異例。

さてと、

掃除掃除。

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・2

本日は母の日。

お母様たち、いつもお疲れ様です。

先日、オカンの誕生日を忘れてしまっていた僕は、

今日はしっかり感謝メールをしましたよっ。

さてさて、

久し振りの稽古日誌になったわけですが。

少し話は逸れて、

人の感情について今日は話したいのです。

よく「人の感情は運動だ」と聞きます。

運動って事はですよ、

つまりはサボると鈍くなるわけですよね。

逆に年中動かしていれば衰え知らず、

むしろ年を重ねるごとに活発になっていくってことですよね。

鈍くなるという実感はあります。

今年の初めとか。鈍かったもんな、僕の感情。

でもこれって、役者として致命的な事で、

人としても危険な事ですよね。

「我慢する」それは大事だと思っている僕。

でも「我慢する」も一歩違えば「感情が動かなくなる」にもなるのでは?

これって大きく違いますよね。

日ごろの煩わしい事も、スルーしちゃえば、

いちいちへこむ事もないし、苛立つ事もないわけで。

でもそれでいいのかな。

良くないと思いませんか。

悔しい事は悔しい、悲しい、嬉しい、楽しい・・・

喜怒哀楽を正直に感じていいんですよね。

表に出さなくても、感じないことに比べれば。

なんでこんな事をいきなり言い出したか。

今日は『解散ショウ』チーム初めての懇親会をしたのです。

その中で、先輩たちの話が面白くて、楽しくて。

失敗談も武勇伝。

ありありと生々しく語ってくれるんですよ。

その感情の振り幅の大きさに感動、感心、尊敬。

なんだか人間の最もシンプルな状態を見たようです。

敬意を表してですよ、もちろん。

「クールが美学」みたいな世代に育った僕としては、

もっと本能的に喜怒哀楽したいなぁって。

なんて憧れ持ちながら、

「解散ショウ」が終わる頃には、

ちょっとは「感情の振り幅」が大きくなっていればいいな。

まだまだ始まったばかり。

よし、明日も頑張るぞ。

皆様、ご期待ください。

☆ケージ☆

人に歴史あり。あなたにも。僕にも。

感情のスイッチがカチッって入る瞬間ってありますよね。

昨日放送、

『密着! 勘三郎が泣いた 勘太郎挙式&感動秘話 さよなら歌舞伎座SP』

を観ていて、何度もカチカチと感情のスイッチが入りました。

飽くなき役者魂と結婚式での酔っ払いぶり。

でもどのシーンどのカットにも、

中村勘三郎という人の「人間力」が見えました。

偉大な役者として尊敬できるところと、

家族として、一人の人として共感できるところと。

そして家族、一門、師弟・・・人に歴史あり。

中村屋、そして歌舞伎座に捧げた人々の歴史。

それは決して勘三郎さん一人ではなく、

膨大な人々の生きた証なんだなと。

そう考えると、

人間て凄いな。

生きているだけで偉大です。

僕もたくましく生きるぞ!!

※写真は、

市村啓二の歴史、最初の1ページ。

「誕生」。

Img

☆ケージ☆

さすがに焦った・・・。

私・・・

実は・・・・

ものすごい方向オンチなんです。

今日も稽古に向かうため、

雨にも関わらず自転車を駆る。

方向オンチって分かってるから、もちろん下調べはする訳ですよ。

で、

初日は予定通りに稽古場に着いたのですが、

「どうも遠回りしているような・・・」と思い、

今日は大胆にも抜け道を走る。

さて、どうなったか・・・

ハイ、まんまと迷子です。

でもね、

今日の迷子は恐ろしくなるくらい。

南下してたはずが気がついたら北上してたんですよ!!

この恐怖!!

しかも進めど進めど未知の土地。

怖くなってコンビニに入り都内マップを見る。

これまた地図もニガテで、クルクル回しながら確認。

それでも迷う。

時間は迫るし、現在地は分からないし、泣きたくなる孤独感。

悲壮感を漂わせ、不動産屋さんに駆け込む。

で、ヒントをもらい無事に到着。

初日は30分ちょっとの道のり。

それが今日は・・・1時間以上!!

毎回余裕を持って出発するため、

無事に稽古開始時間には間に合いましたが、

僕一人、汗だく・・・。

誰かっ!!

こんな私の手を引いて!!

※ちなみに、

DNAのせいにする訳じゃないですが、

僕のオカンも相当な方向オンチです。

でも、僕より自覚している分、迷っても冷静です。

見習わなきゃ。

・・・それより迷わないようにしろっ!!ですね。

ハイ。

☆ケージ☆

今日のつぶやき。

前日はポカポカ陽気、

干してたてのフカフカの布団に抱かれて眠っていた今朝。

騒がしい電子音で目が覚める。

ケイタイの目覚まし音。

そうだった。

もう連休は終わり。

急いで支度して、

今日も自転車で駆け出す。

本日も晴天なり。

夕方に帰ってきて部屋に入る。

当たり前だけど、数時間前のまま。

畳まずそのまんまの布団。

ため息。

男の一人暮らしの現状。

窓を開ける。

フアッと爽やかな風が入ってくる。

停滞してた空気が流れる。

初夏。

秋が好きだけど、

この季節も好きだなぁ。

☆ケージ☆

意地でもくらえっ!!

昨日、

お誘いがあり映画に出演してきました!

「お客A」とか「通行人B」とか、CとかDとか・・・

つまりはエキストラです。

たっぷり待って待って待って、呼ばれて、待って待って呼ばれて・・・。

半日以上の時間を撮影現場で過ごしてきました。

その中で一つの映画を作る為に、

どれだけの人手が掛かっているか実感しました。

監督、スタッフ、キャスト、エキストラ、交通整理まで。

そして最も強く感じた「何々役の誰さん」と「エキストラさん」の差。

同じ場所で、同じ空気を吸っている者同士だけど、

やはりそこには大きな隔たりがある。

(あ、決して雑に扱われた訳じゃないですよ。

予想より遥かに気を遣っていただきました。)

これは役者として感じた隔たり。

役者である以上、

この隔たりの向こうにやはり立ちたいじゃないですか。

チヤホヤされたいからじゃない。

純粋に欲求として。

向こう側に行くために、

「彼らにあって自分にないものってなんだ?」

「自分にしかないものは何だ?」

今日はそんな思いを湧き起こされた1日でした。

でもね・・・

役者の意地として、少しでも顔映ってやろう!と、

色々やってやりましたぜ。(ニヤリ)

公開は来年になりそうです。

情報が一般公開したころ、ひっそりと告知します。

さて、

市村啓二の意地はどの程度残っているのか!?

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・1

Photo_3   Photo_4

いよいよ始まりました。

「ミノタケプラン」第11回公演『解散ショウ』の稽古が。

写真撮影の時、最後までいなかった僕は、

「始めまして」な方々もいらっしゃって。

フライヤーもできました。

もっとキレイに画像アップしたかったのですが、

いかんせんPC音痴なもので雰囲気だけでゴメンナサイ。

それで本日は3回の読みあわせをしたわけですが・・・

いやいやなかなか大変ですぞ、市村啓二。

座って読んでるだけなのに、

背中やら、脇やら汗がツツーっと。

もっとしっかり台本読まなきゃ・・・です。

物語の世界に、

役の人物にもっともっと深く深~く入らなきゃ。

汗が出るほどの浅はかさ。

今はまるで潜るべき海にも入っていない。

今日はようやく海に着いたところでしょうか。

これからスーツ着て、潜り方を学んで・・・

大丈夫か!?オイっ!!

果たしてこの稽古日誌は、

市村啓二の成長の記録になるか。

☆ケージ☆

『解散ショウ』稽古日誌・0

台本が届きました。

これから読みます。

台本の表紙をめくるこの瞬間、

何度経験してもドキドキとわくわくです。

明日からこの活字を、

立体にしていきます。

『解散ショウ』稽古日誌、

只今よりスタートです。

☆ケージ☆

上を向いて歩こう♪

本日、突然ですが、

KAZZさんのお店「nagomi DAIKANYAMA」に初めてお邪魔致しました。

「三ツ星」でお世話になっていながらスミマセン。

そう、今日はこの人のライブがコチラでありました。

「初芝崇史」です。

なんだか、緊張?でちっちゃくなってますが・・・。

ここ「nagomi」が「ライブハウス・nagomi」としての杮落としでしたので。

(こけらおとし。その会場の最初のライブ。)

距離感も崇史としては中々ない近い距離で、

でもとってもアットホームなライブでした。

そんなライブで、

私・市村啓二も崇史と一緒に歌わせていただきました。

「上を向いて歩こう」を。

今の僕らにとっても重なる歌なんです。

崇史も僕も、10年以上前、何かのきっかけで歩み始めたこの道。

最初は自己満足でもよかった。

でも今は多くの支えてくれる方々がいる。

だから続けられる。

そうして積み重ねてきた年月。

始めたあの頃は何も怖いものがなかった。

あの頃も「上を向いて歩こう」。

でも今は希望と同じだけの不安もある。

そんな今だから尚、

「上を向いて歩こう」

「涙がこぼれないように」。

今日はいっぱい元気と勇気をもらいました。

僕らはまだまだやれますから。

今後とも応援、よろしくお願いします!!

※今日は「nagomi」スタッフをさせていただきました。

  素敵な出逢いのある一日でした。

☆ケージ☆

本日は晴天なり。

5月になりましたね。

東京は日中上着がいらない陽気でした。

今日も元気に自転車で颯爽と・・・

近所の公園で一際目立つ満開の花。

本日、晴天なり。

枝がしなるほどたっぷりとした、濃いピンクの花。

この木、なんの木???

ネームプレートがあり、そこには、

「サクラ 」と。

え?!(@_@)

こんなサクラもあるの?

新たな発見。

そして、夕方。

本日、晴天なり。

線路沿いから見た夕陽。

☆ケージ☆

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »