« 『解散ショウ』公演記・千秋楽 | トップページ | 『home』稽古日誌・1 »

『解散ショウ』記録・最終回

昨年の夏の終わり頃、

崇史と出会ってまだ間もない頃、

初めて呑んだ時、

ふと尋ねた一言。

「たむらもとこさんって今何やってんの?」

そしたら崇史が、

「もうすぐ舞台があるよ。」

それがきっかけで観にいったのが、

前回のミノタケ公演『カフェ奥さん』。

劇場は今回と同じ「劇」小劇場。

衝撃でした。

めちゃめちゃ面白かった。

劇場出ても余韻が残った。

そしていつか必ず出たいって思ってた。

念ずる気持ちとタイミング。

まさか次回作に出られるとは。

縁と奇跡に感謝です。

* * * * * * * * * * *

今回いただいた「野田俊雄」という役。

一座の楽屋にズカズカと入ってくる、

ずうずうしい入院患者。

実は余命僅かという秘密を抱えた役でした。

「死」を前にする・・・。

初めての挑戦でした。

そして「死」という事を初めてこんなにも考えました。

そしたら、

怖くて、怖くて、辛くて、辛くて。

でも、

ある人の一言で考えが変わりました。

「患者は絶望の中に希望を探している」

そうだ、

そうだよな。

それまでの悲観した生き方にバイバイ。

少しでも楽しんで生きられるように。

一座の解散公演が終わり、

一座が病院を去った後、

彼はどうなったのか。

それは想像の中の話。

彼が最後に、

夢を諦めている萌さんにいう一言。

「萌さんはこれから、まだまだ何でもできるじゃない」

これはきっと明日からも生きていく全ての人に、

伝えるメッセージなんだと思ってます。

ありがとう。

野田俊雄さん。

ありがとう。

『解散ショウ』。

Img_2631_2

☆ケージ☆

« 『解散ショウ』公演記・千秋楽 | トップページ | 『home』稽古日誌・1 »

コメント

市村さん、こんばんは~^^

『解散ショウ』 お疲れ様でした。。。

お稽古から千秋楽まで、ホントにあっという間だったんじゃないですか?
私はここで市村さんの日記を読みながら
「市村さん、すごく頑張ってるな~」といつも思ってました^^
読んでいて、「私も頑張らなきゃ~」ってパワーもらってました♪

「カフェ奥さん」に行かれた時、確か初芝さんのブログに写真がUPされてましたね~☆
覚えてますよ!!!
全ては「必然」なんですよね。
私はそう思います・・・

体調は大丈夫ですか?
ゆっくり休んで疲れを取って下さいね!!!

写真の市村さん、控えめにしてるピースが可愛いですね~^^


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279503/35293546

この記事へのトラックバック一覧です: 『解散ショウ』記録・最終回:

« 『解散ショウ』公演記・千秋楽 | トップページ | 『home』稽古日誌・1 »