« 『home』稽古日誌・7 | トップページ | 『home』稽古日誌・8 »

ズーン・・・と。

話題の新作映画『告白』を観てきました。

とてもよく出来た映画だと思います。

でも、

僕は、

苦しかった。

映画はフィクションです。

しかし、

これが今の世相なのか・・・と。

とても残酷で、

目を背けたくなるような現代で。

この作品から訴えるメッセージもあるだろう。

きっと希望もあるのだろう。

でも、

僕は見つけられなかった。

「これが現代だ!!」と、

まざまざと見せられたようで。

そんな現代に生き、

様々な不条理を感じつつ生きている自分。

だからこそ、

希望を見たい。

夢のようなきれいごとでも、

それが現実にあると信じたい。

人間の底力にある優しさを信じたい。

バカのつく位のお人好しでいたい。

ズーン・・・と重いものを抱えて映画館を出て、

そんな前向きな事考えていました。

苦しかったけど、

結果的には観てよかったと思いました。

あなたならこの作品で何を感じるでしょうか。

☆ケージ☆

« 『home』稽古日誌・7 | トップページ | 『home』稽古日誌・8 »

コメント

オカンも上映しだした頃すぐに見て来ましたslate
うーんdespairと考えさせられ、現代の人間関係を見せつけられた気がしましたdowndown
でも、否定はしたくありません。むしろ啓ちゃんの言うように、見て自分の在り方を考えていいと思います。

この映画で「母親との関係の大切さsign03」を確信したオカンでしたwinkscissors

僕も見ましたよ。
自分が今やっている事と全く逆のエンターテイメントだったので、とても衝撃的でした。ある意味自分の仕事もウェルテルではないかとも思いました。
今だからできる事はなんだろう。
この仕事だからできる事はなんだろう。
色々考えさせられました。

>朝日町のオカン☆

なるほど!!

確かに母としては引き付けて見ちゃいますよね。

愛ってなんなんだろ。

一方通行は愛じゃないのかも。

常にお互い受信と送信、

ハートのやりとりが大切なんですね。


>りょー。

久し振り!!

そうなのよ、俺も一番悲しかったのはウェルテルの存在。

いいじゃないか、熱くても。

「不器用=空気が読めない」だなんて解釈悲しすぎる。

彼にもよき理解者がいれば違った道があったのかも。

でも、

空気が読めすぎて心の温度が低いに比べれば、

多少熱くていいんじゃない??

ホントはみんな熱くなれる何かを探してる、

俺はそう思ってるよ。

だってサッカー見ながら、

みんなあれだけ熱くなるんだもん。

多少過剰なトコロもあるけどねぇ。


そうそうscissors空気読むことは大切ですが、読んでメラメラとなるのも良いじゃありませんか(^O^)/

マイケル・ジャクソン1周忌の追悼で、23歳の青年がPCで呼びかけ、全国6ヶ所やらで同時に踊ってたのtvで見ました。今夜はサッカーdelicious

暑くなりましょう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279503/35536692

この記事へのトラックバック一覧です: ズーン・・・と。:

« 『home』稽古日誌・7 | トップページ | 『home』稽古日誌・8 »