« 『home』稽古日誌・14 | トップページ | 『home』稽古日誌・16 »

『home』稽古日誌・15

いつも心はゆれている。

そんななか見えてきた。

何を大切にするか。

『home』での自分の役割、

役者として何を目指していくか。

心の土に出た芽を大切に育てていきたい。

そんな話を、

稽古終わりに崇史と話しています。

俺も崇史も、

器用じゃないけど、

揺れながらも、

ぶれない生き方をめざしていきたい。

☆ケージ☆

« 『home』稽古日誌・14 | トップページ | 『home』稽古日誌・16 »

コメント

お疲れ様です!!!
今日も お稽古だったのかな?

初芝さんと色々と話されてるんですね~^^
そうやって、話が出来る相手がいるって
いいですよね。。。

30歳を目前にして、熱く語れるお二人が羨ましいです^^

ぶれない生き方って、難しいですよね・・・
なかなか出来ないけど、でも市村さんも初芝さんも
すごく正直で真面目な人だから、きっと出来るんじゃないかな~と私は思います♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279503/35710747

この記事へのトラックバック一覧です: 『home』稽古日誌・15:

« 『home』稽古日誌・14 | トップページ | 『home』稽古日誌・16 »