« 動いてみて。 | トップページ | おつかれとよろしく。 »

都会の景色。

タクシーに乗ることがあまり得意ではありません。

あの料金メーターが上がっていく感じが、

何かあおられているようで、

乗っていて落ち着かなくなります。

しかし、昨日終電に乗れず、

新宿からタクシーに乗ったのですが、

タクシーの車窓から上り車線を見ていると、

走るのは空車のタクシーばかりでした。

ものすごい台数でした。

なんだかその様子が川を上ってくる鮭みたいでした。

ただ夜の闇を無数の「空車」の赤いライトが走る様は、

都会独特の虚しさがありました。

都会にはいっぱい人がいるけれど、

やっぱり無機質で無関心で、孤独な場所だと感じます。

そんな寂しい気持ちになっていたら、

運転手さんが話し掛けてきました。

こちらの気持ちを察してというわけではないだろうけど、

悪い気はしなかったです。

どことなく地方なまりのしゃべり方がホッとしたのかもしれません。

都会の寒と暖、有と無。

ふたつの景色、ふたつの顔。

そんなことを感じた10分ちょいの車中。

でもやっぱりメーターが気になっていた。

☆ケージ☆

« 動いてみて。 | トップページ | おつかれとよろしく。 »

コメント

東京でタクシー、嫌いじゃありません。
電車や駅の人混みにまけて上手く息ができない感じになったとき、タクシーの「保証された空間」パーソナルスペースでしたっけ?にホッとします。
メーターはドキドキしますが(笑)

終電がなくなった後の真夜中のタクシー。

最後まで気が抜けません。

常に緊張して乗ってます。

運転手が親しそうに話し掛けてくればくるほど身構えます。

若い頃(今から20年位前ですが…)、ぼったくりにあいました。
私は1万円札を出したのに、千円しかもらってないと言われ、

反論したけれど、車内は暗いし、段々怖くなってあと何枚か千円札を出した苦い経験があります。

今の私なら、その頃よりは図太くなってると思いますが、やはり夜中のタクシーは怖いです。

>みっちゃん。

確かに保証された空間ですね。

東京の混雑、人ごみ、満員電車は未だに苦手ですので。

しかし東京では、

順応しないと生きていけないですからね。


>saii♪さん。

それは恐ろしい体験ですね。

そんなひどいドライバーがいるなんて。

今はお客に襲われる事件が多発しているので、

ドライバーも命懸けでしょうね。

ドライバーにもお客にも、

気持ちのいい空間になればいいですよね。

なかなか難しいだろうけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279503/36916343

この記事へのトラックバック一覧です: 都会の景色。:

« 動いてみて。 | トップページ | おつかれとよろしく。 »