« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

やっぱり拳を握ってた。

「僕には幾つになっても子供に戻れる場所がある。」

そこは・・・

歯医者です。


幾つになってもニガテですねぇ〜。

あの臭い、あの音。

今の技術は遥かに進歩して、

痛みもほとんどなくなったけど、

子供の頃の痛い思い出がよみがえり、

今も臆病になります。

そういえば幼稚園生の頃、

虫歯の治療に行くからと、

お守りがわりにばあちゃんから貰った500円玉を握って闘った記憶があります。

今日、ずっと残っていた最後の親知らずを抜きました。

痛くないってわかってるのに、

やっぱり拳をギュッと握っていました。

☆ケージ☆

あまのじゃく?

あまのじゃく?

僕は普段天気予報をあまり真剣に聞いていません。

別に信じてないとか、そういう訳じゃないけれど。

だから春を先取りし過ぎ凍えたり、

厚着して汗だくになります。

今、穏やかな春の陽射しを浴びながら僕一人、

おそらく今日役に立たない傘を持っています。

お昼の物凄い雷雨に遭ったら普通心配で傘持たないのかなぁ。

などとつぶやきつつ、

これからはもう少しちゃんと予報に耳を傾けようと思いました。

☆ケージ☆

『ダディ』募金。

『ダディ』募金。

本日、『イエスダディ』にてお預かりした募金を、

お約束通り全額、福島県楢葉町の三本木さんに託しました。

久しぶりに会う三本木さんは変わらず元気で、

会って何と言えばいいのか不安だった僕を安心させてくれました。


楢葉町は今、放射能の為立ち入り禁止のようです。

今、町民の方々はバラバラに暮らしているそうです。

預ったお金は役場に預けるのが一番早く確実に町の為に反映されるようなので信じてお任せしました。

三本木さんの、

「今はバラバラだけど、またいつか必ず町民みんなで一緒に暮らせると思ってるんだよね。」

という言葉に人間のたくましさと希望を頂きました。

皆様、ご協力ありがとうございました。

☆ケージ☆

『LOVE』先行発売開始!

只今から7月三ツ星キッチン『LOVE』の出演者先行発売を開始致します。

私、市村啓二責任を持ってご用意いたします。

keijinoie@yahoo.co.jp
のアドレスまで、

◎お名前

◎日時

◎枚数

◎ご連絡先(メールアドレス)

を、記載して頂きメールをお願い致します。

皆様からのご連絡、お待ち致しております!!

よろしくお願いします。

(公演詳細)
三ツ星キッチンvol.5
オリジナルミュージカル
『LOVE』
脚本・演出/上條恒 構成/伊藤俊彦 音楽監督・作曲/KAZZ


(会場)赤坂レッドシアター
〒107-0052
東京都港区赤坂3-10-9
赤坂グランベルホテルB2F
http://www.red-theater.net/

(日程・公演スケジュール)
7月17日(日)-24日(日)

7月17日(日)①18:00開演
7月18日(月・祝)②13:00開演/③18:00開演
7月19日(火)④19:00開演
7月20日(水)⑤19:00開演
7月21日(木)⑥14:00開演/⑦19:00開演
7月22日(金)⑧19:00開演
7月23日(土)⑨13:00開演/⑩18:00開演
7月24日(日)⑪12:00開演
全11公演
開場は開演時間の30分前です。

前売:5000円/当日:5500円
この他にパンフレット付きチケット※6000円

CAST
川本昭彦 伊藤俊彦 渡辺大輔 SINGO 市村啓二
たむらもとこ 増山加弥乃 青島凛 初芝崇史
高田安男 上條恒
鈴木良一 
田村耕一
織川ヒロタカ(Guitar) 奥出矢(Percussion)


☆ケージ☆

演じる。代弁する。

今朝、テレビで被災地の消防団の方々のドキュメントを見ました。

消防団とは全国各地自治体にある消防組織です。

そして消防団とは消防士とは違って本職ではありません。

普段は商店の店主だったり、漁師だったり、農業をしていたり、つまりは町の兄ちゃん、父ちゃん、そしてお姉ちゃんです。

消防団とは故郷を守る自治組織です。

今回の地震で町の人達を守る為、命をかけた団員の方々が何名もいらっしゃいます。

津波にのまれながらも生還した方もいます。


僕はかつて消防団を応援する芝居をしていました。

僕も消防団員の役を演じていました。

演じるにあたり、多くの団員の方に会い取材させて頂きました。

その中で聞いた話、思いをもって舞台で彼らの代弁を精一杯してきました。

でも今回の地震で現実に直面し、代弁だなんてそんな大それた事、果たして出来ていたのか?と考えさせられました。

もちろんあの時、毎ステージ全力で向かっていました。

この芝居に限らず、人を演じる以上、その役に似た境遇で今を生きている人が確かにいます。

だから確かに生きたいと強く思うのです。

生半可な覚悟とエネルギーでは出来ません。

でもそれをやりたくて役者をしているのだから、

誇りをもって続けていきます。

☆ケージ☆

失態。

4月15日。

オカンの誕生日でした。

昨年はすっかり忘れていてオカンからつつかれた(?)ので、

今年は4月になってからチェックしていました。

の、はずなのに・・・

気が付いたら15日をすぎ。

で、恐る恐る電話してみました。

僕「15日って誕生日だよね〜?」

オカン「ほ〜よ〜(阿波弁で"そうだよ"の意)」と食い気味に返答。

またやってもーた(-_-;)

オカン「今年は言わずに待ってたんやけど。」

ズキズキ、チクチク(*_*)

母の日でリベンジか。

いや、また来年です。

オカンごめん。

そしてオメデトウ。

☆ケージ☆

先輩たち。

今日は昼・伊藤俊彦さんの出演舞台を、

夜は桂才紫さんの落語を観に行ってきました。


三ツ星キッチンの時とはまた違う先輩たち。

地震以降、先輩たちも色々な葛藤もあり、

それでも舞台に高座に上がるその姿にパワー頂きました。

やっぱり人は人にエネルギーをもらって元気になれるんですね。

☆ケージ☆

笑ったぁ。

笑ったぁ。
以前、映画のエキストラをしてきたとblogに書いたのを覚えていらっしゃるでしょうか。

その映画が公開されたので観てきました。

品川ヒロシ監督『漫才ギャング』

いやぁ笑った〜。

と同時に夢を追う主人公たちの姿に胸が熱くなり。

好きな作品になりました。
あ、ちなみに僕は・・・

背景でボヤッとですが何度か映っていました。

おそらく僕しかわかりませんが・・・(-_-;)


☆ケージ☆

うふふ♪

うふふ♪
相変わらず流行に乗り遅れ、

ようやくバッグinバッグを買いました。

A型几帳面を持つ僕は、

かばんの中がグチャっとなるのが嫌でして。

コイツのおかげでかばんの中はスッキリ。

気持ちもスッキリ。

と、他愛ない日常のヒトコマでした。

☆ケージ☆

あれから一ヶ月。

あれから一ヶ月。

地震から一ヶ月経ちました。

今日、あの時と同じ位の時間にまた大きな揺れがありました。

僕は同じく西新宿のビル郡の中にいました。

この一ヶ月、余震の続く日々で慌てないタフさは身についたものの、やはり恐怖はあります。

特にあの時居た、ここ西新宿にくると心がザワザワします。

立派な高層ビルが振り子のようにグラグラ傾き、

その中を必死に走ったあの日を思い出します。

でも負けられない。

命以外の全てを亡くした人も今を生きています。

弱音吐いてられません。

生かされている僕はしっかりと生きなければ。

怖さや不安と戦わなければ。

☆ケージ☆

さくら。

さくら。
ようやくゆっくりと今年の桜を見れました。

風も穏やかで、

温かく気持ちのよい一日。

春が来ました。

☆ケージ☆

約2年ぶりに。

風邪を引き、昨日丸一日寝込みました。

熱も出て、まさかのインフルエンザ?!かと心配しましたが、

病院で診察を受けたら、

扁桃腺の腫れからくる熱だそうで、

薬を飲んでしっかり寝たら今日はすっかりいい気分です。

ただ、まだ病み上がりのフラフラはありつつも、

なんだか新しい気分になれた気がしてます。

酷使してるの分かっていなが労ってなかった自分の体。

ダメですねぇ、優しくしないと。

気候の変わり時期です。

皆様もお気を付けてください。

☆ケージ☆

新年度。

始まって早5日。

皆様、新しい年度はどのようにスタートしたでしょうか。

私、パートタイマー市村啓二はバイト復帰しました。

公演の為、バイトを休みに入ったのが地震の翌日。

それからの期間、

テレビから流れる飲食業冷え込みの情報に心配しながらの復帰。

心配をよそに4月からは例年位に戻ったようです。

朝、テレビで被災地、原発の状況を見て、

夜、賑やかな居酒屋で働く。

同じ日本で同じ時間、なのに違う生活。

だからといって賑やかな人達に悪意を持つ訳もなく、
むしろ本音はホッとしています。

もちろんお客様あってのお店ですし、

何より人の笑い声を聞くとやはり嬉しいものです。

「被災地でない方々には早く普段の生活を取り戻し、経済を動かして欲しい。」
という声を被災地の方から聞きました。

確かにそうだと思います。
今、誰もの心の中にある未来への不安。

だからって、これから悲観して生きるのか?

否。

僕らは生かされて、今生きている。

だから惰性じゃなく、精一杯生きないと。

役者・市村啓二、

次の目標に向けて、動き出さなきゃ。


☆ケージ☆

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »