« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

旅人より。

旅人より。

手紙が届きました。

エアメールでした。

送り主は劇団時代の後輩。

彼女はよく手紙をくれます。

それも毎回海外から。

ある時はアジアから、ハワイから。
今回はヨーロッパ・チェコからでした。

彼女は退団後、東京のせわしさから抜け出す為、時々世界へ飛び出しているようです。

10年旅公演生活をしていた時は腰を据えた生活に憧れましたが、実際東京拠点になった今、今度は旅に憧れます。

海外とは言わない一泊二日近場でいいから〜って。

でも憧れは行動に出さねば実現しないんですよね。

時間もお金もきっかけも自分でつくるものだから。


う、自分で言ってて耳が痛い(-_-;)

☆ケージ☆

命。

命。

今朝テレビで被災した福島の水族館のドキュメントを放送していました。

やむない事情で救う事の出来なかった幾つもの命。

避難勧告を無視し、一人で命を守ろうとした飼育員。

生きる為に新潟や千葉へ引っ越す魚たち。


そうでした。

被災したのは人間だけじゃない、動物、植物、多くの命も被災したのでした。

新しい環境で暮らすのは魚たちにとっても相当大変だそうで、今飼育員たちが懸命にケアをしているようです。
ひとつでも多くの命が救われる事を祈っています。


話しは変わり、先月の事ですが、
実家で暮らしていた猫のミャーちゃんが亡くなったと連絡がきました。
大往生だったそうです。

僕とはあまり相性はよくなかったけど、それでも今も抱いたり撫でたりした時の温かさを覚えています。

亡くなった今、もっと仲良くしておけばよかったと後悔が残ります。

「命」それは決して無限ではない。

そんな当たり前の事を、失って初めてその重さを知ります。

「人生とは出会いと別れの繰り返し。」
それは大きな意味では命との出会いと別れ、そういう事なのでしょうか。


今度帰省したとき、ミャーちゃんのお墓参りに行ってきます。

※写真は今年の正月、帰省の際に撮った写真。
ばあちゃんの腕に抱かれているのがミャーちゃんです。
☆ケージ☆

大雨シモキタ。

大雨シモキタ。
大雨シモキタ。

朝、荒れ狂う波の映像を見て、不安な出発。

台風が来ています。

今日の行き先は下北沢。

1年振りに「劇」小劇場へ。
昨年ミノタケさんの『解散ショウ』を上演し、初めてシモキタの舞台に立った思い出の劇場です。

その『解散ショウ』で共演した中山朋文さんからお誘いあって、
「東京おいっす!公演・女優マリア」を観て来ました。

いやぁ面白かったです。

一人の女優を巡る話。

人の表裏を描いたコメディーそしてサスペンス。

「やっぱり芝居はいいなぁ。」
と終演後、余韻に浸りながらシモキタを歩いていたら前から見慣れた人が。

ミュージシャン・セレンくん。

彼は初芝崇史をきっかけに知り合ったミュージシャン。
お互い「どーしたの?」と。

セレンくんは「これからライブ」ということで、飛び込みで行ってきました。

これまた崇史きっかけで知り合った暮部くんも出てるライブで素敵な時間を過ごしてきました。

大雨の日曜日。

よい休日でした♪

☆ケージ☆

はじめました。

はじめました。

読書はじめました。

最近電車に乗る時間が増え、車内で読む為に始めたら面白くなっちゃって。

活字は苦手じゃないですが、エッセイは読むけど小説からは随分遠のいていたんですよね。

今はこの本読んでます。

「浅田次郎 天切り松闇がたりシリーズ」

泥棒、いや義賊の話。

カッコイイです。

泣かされています。

☆ケージ☆

どしゃぶり。

昼過ぎ、

外出しようかと準備を始めたら・・

ポタポタポタと。

「嗚呼!雨男の哀しきさだめ(T_T)」

などと思った直後、

ドシャーって滝のような大雨が!!

「外出しなくてよかった(゜_゜)」

とポジティブに考え、家でゆっくりまったり日曜日。

なんでも明日からまた冷え込むとか、

関東は梅雨のリハーサルだとか。

みなさん、元気に過ごしましょうね。

☆ケージ☆

灯火のウタ

『ハテシナイタビ』にて素晴らしい音楽を産み出し、奏でた初芝崇史。

彼曰く、自分の集大成となるライブが来月あります。

同い年の僕としては、
「この年で集大成って早くねぇかい?」と思いつつもある種の覚悟が感じられます。

きっと、いや必ず素晴らしいライブになるでしょう。

もちろん僕も行きます!
僕は初芝崇史の熱烈なファンですので。

下記は崇史から届いた決意&詳細です。

>6月に自分がずっと憧れていたミュージシャンと念願のライブやります!もし時間あったら是非遊びきてください〓年末には1000人規模の所でワンマンライブやります!


『初芝崇史presents 〜灯火のウタ〜』
日 時:2011年6月9日(木)開場18:30/開演19:30
◇会 場:東京・南青山曼荼羅
◇2マン:千綿偉功/初芝崇史
◇料 金:前売¥3,600(ドリンク込み)

チケット申し込み&お問い合わせは、
infohatsushiba@yahoo.co.jp
まで。

☆ケージ☆

刺激。

『ハテシナイタビ』千秋楽から数日、

未だに頭の中に歌が流れています。

稽古から関わった毎日、刺激的な日々でした。

先輩たちがつくりあげていく様を間近にみて、喜怒哀楽が詰まっていて。

でも楽しいも苦しいも含めて、なんだか羨ましく思えたのです。

それだけ命がけで向かうモノがあることに。

穏やかな日々も大切だけど、我々役者は常に何かに立ち向かい戦い続けてこそだと、思い知らされました。

7月、『LOVE』が待っています。

稽古からが始まりではない、今から始まっているのだと思います。

がんばります。

ご期待ください。

☆ケージ☆

無事に。

無事に。

『ハテシナイタビ』終えることができました。

色々感じた事があります、ありすぎます。

それはまた明日以降書くとして。

ともかく、この現場に関われた事に心からありがとうございましたと言いたいのであります!


皆様、ありがとうございま

☆ケージ☆

カレーなう。

カレーなう。

本日『ハテシナイタビ』千秋楽。

今、昼公演が終わりランチタイム。

カレー頂いています。

この作品、カレーが食べたくなるシーンがあるとか?ないとか?

☆ケージ☆

パワー。

パワー。

人ひとりの自発的エネルギーって限界があると思います。

もちろん僕もです。

一人だと自信喪失してがっくりしてしまいますが、僕も多くの人たちに支えていただき今立っていられます。

『ハテシナイタビ』折り返し日も終え、明日いよいよ千秋楽です。

僕は今回関われて本当によかったです。

あ、これは千秋楽無事に終えてから改めて書きます。
今日、最後のお茶会でした。
そんなところで乾杯の音頭をとらせて頂き、恒さん、川本さんの優しさを感じたりもしつつ、

やはりお客様が楽しく笑っていることが、僕の、僕らのパワーなんだなと深々と再認識しました。

そして帰り際、野郎3人でボーイズトークをしてきました。

千秋楽、頑張ります!

☆ケージ☆

13日の金曜日。

13日の金曜日。
が、不吉な理由は何なんだろう。

イコール、ジェイソンぐらいの知識しかありません。

ま、そんなことはさておき、

今日は久々の13日の金曜日でした。

『ハテシナイタビ』も無事に3日目を終え・・・、

と昼も夜もカーテンコールで言ってしまった川本さん。

でも分かります。

1日24時間×3日=72時間の内、相当長い時間この会場にいますから。

と、まぁ無事に2日目が終わり、折り返しです。

そして昨日出来上がったばかりの『LOVE』のチラシが今日会場に届きました。

素敵な仕上がりです!

毎回そうですが、チラシを見るたびひとつ自分のなかで現実味というかリアリティーが増します。

7月ご期待ください。

僕も楽しみです。

☆ケージ☆

旅、はじまる。

旅、はじまる。
なんでも台風が来てたとか?

台風1号?じゃあ2011年台風の誕生?

誕生・・・そう本日『ハテシナイタビ』の幕が開きました。

お客様があって、初めて舞台は誕生すると思います。
舞台裏にいて、お客様の笑い、鼻をすする音・・今、この時間をこの空間で一緒に生きている。
一緒に旅をしませんか?

明日は暑くなるようです。
皆様、体調崩さぬよう元気に頑張りましょう!

☆ケージ☆

あめふるなかの・・

あめふるなかの・・
劇場入りでございます。

帰ってきた「アトリエ・ベムスター」

朝から仕込んでカフェは劇場に様変わり。

場当たり〜ゲネも終え、

明日お客様をお迎えする準備は整いました。

大人な芝居。

真面目も無邪気も含め大人な芝居です。

素敵な舞台になりますよっ!

☆ケージ☆

今週の私。

今週、僕は舞台監督をしています。

今週公演『ハテシナイタビ』
上條恒さん、川本昭彦さんたちの舞台です。

会場は池袋・アトリエベムスター。
そう!3月『イエスダディー』を上演した会場です。

さてさて舞台監督業ですが、
10年在籍した劇団時代、舞台監督をやっていた時期がありまして。

経験はいつ役に立つかわらりませんね。

そう思うと、今やっていることが本当にやりたい事と違うからってハンパにやるのはもったいないと思います。

さてさて、現場の様子はまたレポートしま〜す。

☆ケージ☆

5/8

5/8
皆様!ご無沙汰でございます。

世間はGW、そして勝手に『交YOU録』も連休いただきまして・・・
なんていうのは言い訳です。
マイGWは特に遠出したわけでもなく、のんびりと、いやむしろグダグダ、ウダウダとしておりました。
しかぁし、いつまでも休みボケはしてられません。
休んだから働きますよ〜。
皆様、またよろしくお願いします。


さてさて、本日町を歩いていたら、パパと小さな子供が歩いていました。
子供の手には一輪のカーネーション。

そうです、今日は母の日。
みなさん、お母さんに日頃の感謝は伝えましたか?

お母さん方、日々の頑張りを労ってもらいましたか?
え?僕ですか?
この2年連続オカンの誕生日を忘れた僕ですか?

ふふふ、

送りましたよ。お・は・な、お花〜!

・・・というのも、最近花屋で働き始めた知り合いがいて、「母の日にお花を送りませんか?」って案内が来たのでお願いしたんです。

へへへ。

速攻オカンからメールきましたねぇ。

いやぁオカンが喜ぶのは子供にとってかなり嬉しいものです。

やったね。

さて、そうなったら来月の父の日も忘れないようにしなきゃ(-_-;)


☆ケージ☆
http://keiji-kouyouroku.cocolog-nifty.com/blog/

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »