« あおぞら。 | トップページ | 『ESS』先行発売開始です! »

生きてることがドラマ。

最寄り駅から自宅までの路上裏に一軒の中華料理屋があります。

お世辞にもキレイとは言えない外観に加え路上裏という条件・・・失礼ながらお客さんが来てるのか疑問でした。

ところが!

昼も夜も結構入ってるんですよね。

こりゃいつか行かなきゃと思ってたのですが・・・

先日、11年の歴史に幕を降ろしたようです。

体力と諸事情によるそうです。

最終日、閉店後の店の前をを通るとお店のオヤジとオカミサンらしき二人が常連さんらしき人達に囲まれ花束を受け取っていました。

きっとこの店は無愛想だけど美味い料理をつくるオヤジと愛嬌のあるオカミサンが二人三脚でやって来たんだろうなぁ〜って勝手に想像していました。

雨の日も風の日も日照りの日も、変わらず鍋を振りお客さんを迎える毎日。

繰り返す日々の中きっと幾つものドラマがあったと思います。

「人は生きているだけでドラマだ」

と何処かで聞いたような。

歴史に名を残した人だけにドラマがあるわけではない。

誰にでも、

あなたにもドラマがある。

今この時も。

『サニートップ』も日々をたくましく生きる人たちのドラマです。

僕らも演じるのではなく、生きられるよう、今日も張り切って稽古してきます!

行ってきます。


☆ケージ☆

« あおぞら。 | トップページ | 『ESS』先行発売開始です! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279503/41968889

この記事へのトラックバック一覧です: 生きてることがドラマ。:

« あおぞら。 | トップページ | 『ESS』先行発売開始です! »