« 『ザクロ』千秋楽・朝。 | トップページ | 四年目。 »

『ザクロ』終幕。

みなさん、おはようございます。

昨日、『GOLD ON THE ROAD』無事に全日程を終了することができました。

ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。

顔合わせから千秋楽まで、フルスロットルで走り抜けた作品でした。

色んな「初めて」もあり、大変な事もありましたが、本番はこの上なく楽しい作品でした。

「BAR YASUKO」でお客様とグググとお近づきになれたのも楽しかったです。

受付で皆さまをお迎えしたのも新鮮でした。

今回も幾つもの珠玉の言葉がありました。

その言葉たちが役者の身体を通して発せられたとき、心が震えました。

千秋楽、カーテンコールでみんながハケたあと、舞台に残った寿さん。

「私は三ツ星キッチンのつくる愛のある作品が好きです。みなさんも愛を受け止めに来てください。」

この言葉には、感謝と共に発破をかけていただいている気持ちでした。

それは昨年、『FaMiLY』アフターライブで阿部さんが発した言葉と同じでした。

奇しくも場所は同じ、BEEHIVEのステージの上で。

「愛」とはなんでしょうか。

これまで、なんども舞台にたってきて、色んな作品、役と出会って、幾つもの愛の形に触れて、向き合ってきました。

それでも、まだまだわかってない。

インスタントな愛は溢れてる。

優しいだけが愛じゃない。

厳しさも愛。

、、、うーん。

やはりまだまだわからない。

わからないから一生懸命生きて、

強く優しくなりたい。

『GOLD ON THE ROAD』

皆さまにはどう伝わったでしょうか?

「愛」伝わったなら嬉しいです。

改めて、

ご観劇ありがとうございました!!

啓二

« 『ザクロ』千秋楽・朝。 | トップページ | 四年目。 »

コメント

生きることは切なくて、苦しくなることが多いです。

でも、みんな一人じゃない。

三ツ星キッチンの作品は、誰かとつながることの愛おしさを感じさせてくれる。

自分の心が動いて、誰かや何かを想うことが愛だと、気づかせてくれる。

だから、大好きなんです。


寿さんと阿部さんの言葉は深いですね。それだけ、三ツ星は愛されている。そして、信頼されている。それに応えるのは、タイヘンなことかもしれないけれど。だけど「笑って、泣いて、元気になる」三ツ星作品をたくさん生み出してほしいです。


啓二さん、お疲れさまでした。次回作、楽しみにしています。(でも、ちょっと、観るのがコワイ。)

>ゆりこさん。

ご観劇ありがとうございました。

正直、この作品の企画が上がったとき、

かっこよかったり、笑えたりのステージになるだろうと、

予想していましたが、どっこい!

予想を遥かに越えるかっこよさ、笑い、そして涙でした。

ライブハウスなのにライブだけで納まらない。

これぞ三ツ星キッチン!でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279503/49012514

この記事へのトラックバック一覧です: 『ザクロ』終幕。:

« 『ザクロ』千秋楽・朝。 | トップページ | 四年目。 »