カテゴリー「●『BLIND LIFE』記録」の記事

『BLIND LIFE』my総括最終回〜東惣助

そして『BLIND LIFE』my総括の締め括りは、

 

「検事•東惣助」

Blind_lifepr_2

東検事の下の名は劇中は出てきませんが、

人物紹介に書かれていましたから、恒さんのイメージです。

「惣助」と書いて「そうすけ」。

なんだか珍しい名前です。

三つの役の中、最も苦戦したのはこの東検事でした。

なんせ、、、「検察官」という職業の情報がほぼゼロに等しかったです。

おいおい!どーする?!と焦りました。

そんなとき裁判官、検察官、弁護士の方々のお話を聞くことが出来る機会があり、恒さんと共に行ってきました。

法曹三者のイメージ、、、

冷静、無機質、硬質。

完全に偏見でした。

実際にお会いした彼らは、

柔らかく、熱く、そしてとても人間らしい方々でした。

「人を裁くのは機械ではない。人である。」

そう思いました。

そしてお会いしたある検事さんが、

「私の担当する裁判を傍聴しにきませんか?」

とお誘いいただき、初めて裁判所に足を踏み入れました。

無機質な空間に漂う何ともいえない緊張感。

初めに被告と弁護士が入ってきて、

そして検察官の登場。

驚きました。

お会いした時とは別人のような厳しい表情。

そして真実を追求する質問。

社会正義の実現に大きな役割と力を持つ検察官ですが、

その判断の誤りひとつで冤罪など、

大きな人権侵害も犯しかねない立場です。

その責任と真実を追求する姿は、

検察官を主人公にしたドラマのあの検事よりずっとカッコ良く、、、失礼、

この人たちの代弁をしたいと強く思いました。

だけど、

稽古では中々定まらず、

「公平」という事が理解出来ませんでした。

胃の腑に落ちず劇場に来てしまいましたが、

何故でしょうか、

場当たりの時に、スッと憑依しました。

理由はわかりません。

憧れが実を結んだのでしょうか。

『BLIND LIFE』は東検事が下す判断で物語は締まります。

大きな責任でした。

でも、これでいいんだと自信を持てていました。

『BLIND LIFE』には素敵な言葉、好きな場面が幾つもありますが、

悲愴をBGMに麻倉の背中を見送り、小野寺事務官と礼を交わすあの場面が、僕の中のBestシーンでした。

開演前、

真っ暗な袖で待機していて、

開演の合図で流れる悲愴のオープニング。

あの静かな調べに乗せて「東惣助」「佐田淳」「菅原幸男」の誕生からのストーリーが自分の中で同時に動き出します。

人はどんな運命や業を背負っていても、

親から生まれ、

一瞬一瞬を生きています。

芝居で描かれているのは僅か人生の一片にしか過ぎません。

これからも役者を続けていく中で色んな人生に出会います。

その人物がどんな人生を歩んでいたとしても、

理解し、代弁を出来るよう、

僕は役者である前に、人として磨いていきます。

これで『BLIND LIFE』my総括は終わりです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

啓二

『BLIND LIFE』my総括〜菅原幸男

続いては、

東北の漁師「菅原幸男」。

 Blind_lifepr2_2

台本には「幸男」としかなかったので、「菅原」という苗字を僕がつけました。

妻•八重子と共に牡蠣の養殖を営む、素朴だが底抜けに明るいひと。

幸男に切り替わった瞬間、心がふわっと軽くなり、心の中が美しいブルーに変わります。

空のブルー。

海のブルー。

大いなる海。

愛する海。

だが、

八重子や島の人との幸せな日々は2011年3月のあの地震と津波で一瞬にして流されてしまいます。

幸男は、

必死に守った船だけを残し、

家も、

牡蠣の養殖場も、

そして、愛する妻•八重子も家族も、

全て失ってしまいます。

津波から2日後、

再会した麻倉から渡されたのは、

八重子が麻倉に託した、

貯金通帳、財布、そして、赤いストールだった。

生きていくためにお金は大事だけど、

人の命を前にするとその価値はなんてちっぽけなんだと、

包んでいたストールをめくった瞬間、ガツンと襲ってきます。

と同時に命の尊さも、

淋しさも、

後悔も一瞬に押し寄せてきます。

でも、

幸男は誰も責めない。

誰にも恨みをぶつけない。

そして、海をも怨まない。

海と共に生きてきて、

海に生かされてきてた人生。

「それでも信じてる。」

今回、八重子役のもとこさんと一緒に方言指導も受けました。

色んな方言やイントネーションを教わった最後に、

「方言を忠実にやるのも大事だろうけど、東北人のハートも一緒に伝えて欲しい。」という言葉が、

僕の背中を押してくれました。

劇中の結末、、、幸男は八重子を見つけることが出来なかった。

「それでも信じてる。」

少しずつ美しさを取り戻していく海を見つめる幸男の隣には、

今も、

そしてこれからも、

八重子がいると。

啓二

『BLIND LIFE』my総括〜佐田淳

『BLIND LIFE』では、3役演じました。
 
そのひとりひとりの役を振り返ります。

先ずは「佐田淳」。
 
Blind_lifepr_2
 
『BLIND LIFE』の物語はこの男の起こした犯罪から始まりました。

佐田はエリート官僚を父に持つサラブレッド。

佐田本人も一流大学に進み、
 
イベントサークルのカリスマリーダーになるくらいだから、決して親の七光りだけの男ではない。

頭脳明晰であり、人望を集めるだけの魅力もある。

ただ、

心の何処かにポッカリと大きな穴が空いている。

その穴はとてつもなく深く根深い。

一体何故そうなったのだろうか。

僕は「家庭」にあると想定していました。

優秀な家柄であったが、

彼は家族からの愛を受けていたのだろうか。

彼が求めていたのは何だろうか?

地位なのか、金なのか、愛なのか。

佐田を演じてて、最も哀しみが去来する瞬間が、

麻倉が佐田の前に、娘が何故自殺したかの理由を伝えに来る場面。

麻倉にとっては憎い、殺したい相手出あるはずの佐田の前に土下座し、話を聞いて欲しいと訴える。

あの瞬間、麻倉を完膚なきまでにドン底に落としたくなるんですよ。

頭の中を黒いドロドロした物体が支配していく感覚。

結果、佐田は麻倉を更なるドン底へと陥れます。

お客様から予想以上に反響のあった佐田という一人の男。

「許せない!ぶん殴ってやりたい!」などの声をいただきました。

当然です。

彼が起こした犯罪は決して許せるものではないから。

瑠璃子のような悲しい被害者が増えない事を願いながらも、

佐田のように心に穴の空いた加害がこれ以上増えないように、
 
これからも人と関わっていきたいと思います。

啓二

『BLIND LIFE』〜この作品が残したものとは

Image

23日、日曜日、
 
『BLIND LIFE』全6ステージ無事に終了しました。
 
全ステージ満席のご来場、本当にありがとうございました。

恒さんから台本をもらったとき、

震えました。

武者震いです。

「これは凄い。」

役者としての使命感に瞬間的に火がつきました。

緊張の読み合わせから日々の稽古、

ゆっくりとじっくりと激しく進んでいきました。

キャスト5人と恒さんの6名で進む稽古。

そこにKAZZさんの曲が来て、

SING_O_WORLDさんの音、

健太郎さんの灯り、

作品が広く深くなってゆくのを感じていきました。

阿部兄の激しさ、

もとこさんの優しさ、

健作くんの柔軟さ、

水希の儚さ、

僕は、、、何だっただろうか。

恒さんの「生きる」という哲学と、

「生きろ」というメッセージ。
 
そしてテーブルシアターという新たな可能性。
 
『BLIND LIFE』という作品は皆さんに何を残したでしょうか。

舞台の終わりがメッセージの終わりではない。

と僕は思っています。

ご観劇ありがとうございました。

Image_2

啓二

 

『BLIND LIFE』終幕!!

『BLIND LIFE』無事に全6ステージ終わりました!

 
連日満席!ありがとうございました。
 
千秋楽終わりに昨年に引き続き「バースデー色紙」いただきました!
 
ビックリ!三ツ星キッチン、キャスト、スタッフの皆様、
 
『しあわせのタネ』メンバー、
 
『BLIND LIFE』メンバー、
 
そしてたくさんのお客様、
 
さらにはオトン、オカンと、ばあちゃん、
 
みなさんがメッセージ書いてくれました。涙ーー。
 
市村啓二34歳がんばります。
 
仕掛人の方々、ありがとうございました。
 
そして『BLIND LIFE』で、2014年の舞台は終了しました。
 
今年一年応援ありがとうございました。
 
2015年も走り続けます!応援よろしくお願い致します!
 
『BLIND LIFE』総括は改めて!!
 
Securedownload
 
啓二

『BLIND LIFE』そして、なかび。

『BLIND LIFE』2日終わりました。

ということは、早くも折り返しです。

早い、、、と思うけど、

何日、何回やろうとも、この思いは必ずやってくるもので。

だから特別に思うことなく、

焦ることなく、

気負うことなく、

伝えたいメッセージを大切にします。

ご観劇いただいた皆様、ありがとうございました。

そして本日ご観劇いただける皆様、お待ち致しております。

Image
↑美女たちと、共にイチゴを頬張る!

今年初イチゴでした!

啓二


『BLIND LIFE』誕生!!

『BLIND LIFE』初日無事に昼夜公演共に、

満席の中、終えることができました。

明けたばかりだけど、

あと4回と、残りを気にしてしまう!

それくらい舞台とは儚いもの。

でも、僕らは伝道師。

メッセージを伝えていくのが使命。

『BLIND LIFE』をご覧いただいた方々に、

作品のメッセージ、

我々の想いが届いたなら、

決して儚くない。

量ではなく、質。

今日も生きて、伝えてきます。

お席は23日(日)16時の回、わずかを残して完売です。

ありがとうございます!

Image
↑オカンと。今回も徳島から夜行バスで来てくれました。

Image_2
↑今回のピアノ演奏•中島健作くん(右)を我々に引き合わせてくれたのは、

ガラス作家•湊久仁子さん(中)です。

おふたりとも三ツ星キッチンUstream番組「nagomiレシピ」のゲストでした!

縁って本当に素晴らしい!!

啓二

7分の1。

『BLIND LIFE』劇場入りでした。

 
今日一日で仕込み〜場当たり〜ゲネプロというなかなかのタイトスケジュール!!
 
そんな中ですがみんながんばった!!
 
主演の阿部兄も一緒に椅子を並べ、片付けをし、劇場を創りました。
 
一丸になって。
 
時間がタイトになると、音響・照明にしわよせがいきます。
 
場当たりも演出の要求が容赦なく出ます。
 
SING_O_WORLDさん、健太郎さん、頑張った!!!
 
そしてゲネプロ。
 
数人の関係者が観劇してのゲネプロでしたが、
 
滞りなく、それどころか役者・スタッフの力が遂にひとつになったと実感しました。
 
あとは皆様をお迎えして『BLIND LIFE』誕生します。
 
わくわくが止まらないです。
 
『BLIND LIFE』を通して生きられるのも残り7回でしたが、
 
ゲネが終わりあと6回です。
 
噛み締めてやります。
 
ご来場いただける皆様へインフォメーションです。
 
■開場は開演30分前です。
お席は全自由席ですが、ご希望のご観劇位置がある場合は、お早めにご来場していただく事をオススメいたします。
 
■お手洗いは劇場内、男女兼用でひとつしかございません。予めご注意ください。
 
■客席内の温度設定ですが、こまめに調整をしますが、ここ数日の気温低下もあり、
寒く感じる方もいらっしゃると思いますので、ご自分で温度調整できるよう、ご準備いただけますようよろしくお願い致します。
 
ご協力よろしくお願い致します。
 
そして最後に本日11月20日はキャスト大谷水希の誕生日でした!!
 
ゲネプロ終わってサプライズ!!大成功〜〜〜!!
 
Securedownload3
 
それでは皆様、阿佐ヶ谷アートスペースプロットでお待ち致しております。
 
啓二

稽古納め。いくぞ『BLIND LIFE』

『BLIND LIFE』稽古終了!!

 
さぁ明日は仕込んで、場当たりして、ゲネプロまで一気!!
 
そしたら金、土、日と2ステージずつやって怒濤の6ステージ、
 
きっとあっという間なんだろな・・・ 
 
と、やる前から寂しくなってる・・・。
 
今日までしっかり稽古して来た。
 
通し稽古もやった。
 
ただ、ゲネプロ含め、通して生きられるのはあと7回。
 
一回一回、大切にやろう。
 
Securedownload2
 
↑なにやら暗い顔してるみたいですが、
 
最終通し前で緊張してる!の顔です。
 
普段稽古場では自分でも驚くほどリラックスしてます。
 

『BLIND LIFE』

阿部裕×三ツ星キッチン

1人の男が警察に出頭した。男には10年間の逃亡した事実があった。
何故、男は事件をおこし、逃げていたのか?
驚愕のラスト、そして人生とは何か?俳優・阿部裕と脚本演出・上條恒、音楽をKAZZで創りだす、最高のテーブルシアターにご期待下さい。

テーブルシアターとは・・・三ツ星キッチンが提唱する小劇場よりもっともっと近くに感じる、つまり「テーブルを囲む距離での演劇」である。

【日程】2014年11月21日(金)〜11月23日(日)

【会場】阿佐ヶ谷アートスペースプロット

【脚本・演出】上條恒

【音楽】KAZZ

【出演】阿部裕/市村啓二/たむらもとこ/中島健作/大谷水希

【開演時間】

★11月21日(金)15:00完売/19:00完売

★11月22日(土)15:00オススメ/19:00オススメ

★11月23日(日)12:00残りわずか/16:00

全6回公演

【チケット】前売り4,500円/当日5,000円

【チケットお申し込み】keijinoie@yahoo.co.jp(市村啓二)

 
啓二

愛しきmy home。

『BLIND LIFE』、阿佐ヶ谷アートスペースプロットでの稽古の一日でした。

プロットさんでの公演も6回目。(内『ハテシナイタビ』と『BA』は出演していないので僕は4回目)
 
プロットさんとの出会いは、
 
僕がかつてこの近所に住んでいて、
 
前を通りがかったとき「え?ここ劇場なの?」て思ってました。
 
それから僕が引っ越してしまったのですっかり忘れていたのですが、
 
2012年我が「劇団パートタイマーズ」劇場進出公演『CA』上演の劇場を探していた時、
 
ふっと思い出し、すぐに下見へ。
 
あの独特のアットホームな空気と、
 
ぶっきらぼうだけどものすごく優しいオーナーに一目惚れ。
 
それから、この劇場で幾つもの作品が誕生してきました。
 
そして『BLIND LIFE』もまもなくこの劇場で誕生します。
 
やっぱり僕は劇場が好きです。
 
みなさん、プロットでお待ち致しております!!
 
Securedownload1_2
 
毎回公演の記念にメンバーで寄せ書きしてます。
 
ご来場の際は、ロビーの受付テーブルに向かって右上をご覧くださいませ。
 
啓二
 
 

より以前の記事一覧