カテゴリー「●『リストランテ』記録」の記事

「花」~『リストランテ』総括~

やはり『リストランテ』の話題です。

キャストの駒田一さん、初芝崇史くんのブログに、

彼らの感じた『リストランテ』を総括しています。

もちろん他のキャストも各自のブログにアップしています。

それだけ関わったメンバーそれぞれに、

終わっても、尚、残るものがあるのですね。

それがとても嬉しい。

ただ過ぎ去った風じゃなく、

種を残した花でした。

思えば、

顔合わせの時、種を蒔き、

稽古の間に育て、

本番で大輪の花を咲かせた『リストランテ』。

そして終わった今、

また新たな種が、

それぞれの中に残っている。

その種を、それぞれが大切に育て、

またどこかで花を咲かせてくれるでしょう。

僕の中にもある種を、

これからも大事に育てていきます。

ミュージカル『リストランテ』、

観ていただいた皆様の中にも、

しっかりと種を残す事が出来たでしょうか。

◎駒田一さんのブログ。

http://www.duncan.co.jp/hajime/

◎初芝崇史くんのブログ。

http://blog.livedoor.jp/d55takashi/

☆ケージ☆

『リストランテ』公演記・最終回

『リストランテ』公演記・最終回

ミュージカル『リストランテ』にお越しくださいました皆様、

本当にありがとうございました。

初日から連日たくさんのお客様に観ていただき、

とても幸せでした。

そして、残念ながら観ていただけなかった方々からも、

熱い激励メッセージや、お花、ブログコメントなど、

たくさんの応援もいただきました。

呼びかけに応えてくれ、

遠くからかけつけていただきました。

劇団時代から応援していただいている方々、

「ケセラ」で出会った方々、

演劇仲間・・・本当にありがとうございました。

正直、不安だったんです。

僕はずっと「劇団ふるさときゃらばん」にいて、その世界しか知らなかった。

在団中は、「ふるさときゃらばんの市村啓二」でした。

退団した今、僕はただの「市村啓二」です。

その呼びかけに応えてくれるのか・・・。

だから、

本当に嬉しかったんです!!!

これからも応援してくれる人がいる限り、

情熱燃やして頑張ります。

皆様、応援よろしくお願いします。

※写真は劇中の酒屋・松、梅コンビ。

左・松役の初芝崇史くん、右は梅役の僕です。

☆ケージ☆

『リストランテ』公演記⑤

『リストランテ』全8回公演、

昨日無事終了いたしました。

今回こうして『リストランテ』に参加できた事、

舞台に立てた事はすべて一本の電話から始まりました。

劇団退団を間近に控えた6月、

それは上條恒さんからの電話でした。

会話をするのは10年ぶりくらいでした。

夢も目標もぼんやりしていた高校生の時、

舞台に立つ恒さんの姿を見て舞台役者に憧れ、

劇団を追っかけまわし、

遂には念願の劇団に入団した時には、

恒さんは退団されていたので、

実はご一緒するのは今回が初めてなんです。

電話では「6月に舞台をやるから観に来ないか」というお誘いでした。

それが「三ツ星キッチン」第一弾『TOMORROW』でした。

それから9月、10月と『ケセラdeミュージカル』でご一緒して、

今回の『リストランテ』出演という事になりました。

ある日、恒さんのブログに、

劇団退団から『リストランテ』誕生までのエピソードが書いてありました。

「自分の可能性を求め、外に飛び出したけど、

独り、どうしていいかわからず、

もう役者を、舞台を辞めようとまで思った。

そんな時、先輩の誘いで小劇場に参加する事になり、

舞台に向けて一生懸命な若者たちの姿を見て、

もう一度やってみよう!と思った。

そして初めて台本を書くということに挑戦し、

泣きながら完成させたのが『リストランテ』。」

そんな文章でした。

あの時、恒さんからの電話がなければ、

今、僕は何をしていただろう・・・。

きっと恒さんは自分が体験しているから、

わかっているから、僕に手を差し伸べてくれたのでしょう。

そのおかげで今、迷わず役者を続けて行こうというと思えています。

恒さん、ありがとうございます。

☆ケージ☆

『リストランテ』公演記④

『リストランテ』公演記④
『リストランテ』公演記④

今日は土曜日。

昨日の冷たい雨から一転、ぽかぽか陽気でした。

週末という事もあり、補助席の数も今までより多く、

補助席で観ていただいた皆様、

窮屈ではなかったでしょうか。

今日から前説で、

フィナーレの歌の振りをお客様に覚えていただくという試みをしました。

なのでフィナーレは劇場がひとつになり「Do it!Do it!!」で盛り上がる劇場になりました。

そんな楽曲はこの人から生まれています。

「三ツ星キッチン」の三名の一人・KAZZさんです。

只今、高田安男さんで販売ポストカードにメッセージを書き込み中。

『リストランテ』でも胸キュンでハートフルなナンバーがいっぱいです。

そんな『リストランテ』も明日が千秋楽。

出し尽くします。

☆ケージ☆

『リストランテ』公演記③

今日は夜一回公演。

冷たい雨の降る一日でした。

そんななか、本日も満席のお客様、

本当にありがとうございます。

今日で4ステージ目。

僕は本番中、ほとんどの時間舞台袖にいます。

舞台袖からは舞台の様子がほんのちょっとしか見えないわけですが、

見えなくても役者の息遣い、そしてお客様の反応、

劇場の空気は伝わってきます。

本日、改めて「生演奏」の素晴らしさを実感しました。

以前、「稽古日誌」で今回キャストは14人と書きましたが、

いやいや、

大切なお二人がいらっしゃいます。

ギター「織川ヒロタカさん」、パーカッション「奥出矢さん」。

舞台は生ものだから日々変わります。

芝居も日々わずかでも確実に前回とは変わります。

それでもBGMをその役者の呼吸にフィットした、

そして最もお客さんに伝わるタイミング、音色を奏でる。

さすがです。

恒さんいわく、

「芝居心を持つミュージシャン」だそうです。

僕も今日、改めて納得しました。

こりゃ録音ではつくれませんね。

さぁ残り4ステージ、折り返しです。

明日も皆さんの「元気の源になる舞台」目指します。

おやすみなさい。

☆ケージ☆

『リストランテ』公演記②

今日は2回公演でした。

平日にも関わらず、劇場にお越しくださありがとうございます。

一言に「演劇」と言っても星の数ほどあります。

僕もお客として様々な演劇を観にいきます。

「演劇」の魅力は日々の溜まったモノをスカッと晴らしてくれるところだと僕は信じています。

生きるって、楽しい事ばかりではありません。

むしろ辛い事、悲しい事の方が多いのかもしれません。

だからこそ、劇場にいる2時間は笑って泣いて感情を目一杯動かしたいじゃないですか。

その使命を持って役者は限られた時間内で、人生を生きる事が役割です。

喜怒哀楽そのすべてを凝縮して。

観る側として、

舞台にたってる役者の暗い顔なんか見たくないですよね。

辛い役でも最後は笑顔が見たい。

前置きが長くなりましたが、

「たむらもとこさん」

大好きな女優さんです。

とってもキュートです。

「KAZZCAFE&Co.,Ito」時代からお馴染みの方ですが、

僕は初めて共演させていただいています。

今日まで色んな酸いも甘いも経験されてるんだなって、

聞いてないけど、

舞台上や、素顔見てると感じます。

舞台上でも深い人生を台本以上のものを醸し出しています。

なのに!!とってもステキな笑顔をしています。

だから、泣けて、キュンとして、グッとします。

劇中ではそんなに多く絡む事はないけれど、

はみ出して、先輩の胸を借りようと思っています。

明日も楽しみです。

劇場に足を運んでいただいた皆様、

ありがとうございました。

にゃんこ大好き、もとこねぇさんのほんわかブログ。

http://blog.livedoor.jp/mino_1/

☆ケージ☆

『リストランテ』公演記①

遂に遂に『リストランテ』の幕が開きました。

初日から満席のお客様からの笑い、涙、拍手。

もうこちらまで涙です。

本日お越しくださいましたお客様、

本当にありがとうございました。

僕個人としては、

6月の「劇団ふるさときゃらばん」退団から半年、

こんなに早く舞台に帰ってこれた事に、

本当に本当に感謝と感激をしています。

今も興奮しています(鼻息)

でも、

今日が始まりです。

千秋楽まで突っ走ります。

応援よろしくお願いいたします!!!!

☆ケージ☆

『リストランテ』稽古日誌⑭

『リストランテ』開演まで、残り10数時間。

・・・眠れない。

緊張しています。

ドキドキです。

今日は劇場で綿密な場当たりをみっちり。

稽古場での稽古を重ねての劇場入り。

空間の違いはもちろん、

フル飾りのセット、照明、音響もそろい、

稽古場とはまたグッと質があがり。

僕個人としては、

空ながら、舞台から見る客席に感極まり、

「またこの場所に立てる喜び」を噛み締めています。

明日からはお客様と向かい合う・・・そう思うと、

もうドキドキとワクワクです。

共演者の皆さんも衣装、髪型を役に合わせ、準備万端。

チラシの写真とはまた違った姿にもご期待ください。

中でも「SINGOさん」は・・・ふふふ。

お楽しみに。

では、とにかく眠ります。

おやすみなさい。

☆ケージ☆

『リストランテ』稽古日誌⑬

本日、遂に劇場入り。

キタ~、「シアターサンモール」!!

朝から仕込んできました。

なんせ劇団で10年仕込みしてましたからね、ふふふ。

とまぁ役に立つ場面もあれば、

やり方の違いに戸惑う事も(汗)

そんな中、

キャストの「スーさん」こと「鈴木良一さん」は、

職人張りの風貌と仕事ぶり。

聞けば役者始めた頃のバイトは、

舞台の裏方だったそうです。

「さすが!!」

舞台では「KAZZCAFE&Co.,Ito」時代から、

渋いサラリーマンで役で登場されていました。

さて今回は???

物語の要所で、

今回も独特の存在感を示されています。

ご期待ください。

☆ケージ☆

『リストランテ』稽古日誌⑫

今日、久々にキャスト勢ぞろいで乾杯しました。

決して広くないお店だったので、みんなで行くと貸切状態。

でもそれがいいんです。

みんなで肩寄せ合って。

やっぱり家族です。

でもそうなると一番体の大きい渡辺大輔くんには窮屈なようで。

と、今日は大ちゃんについてです。

めっちゃ男前です。今風にいうところイケメンです。

今回、大ちゃんが演じる役は物語の大きな役割です。

不器用でまっすぐで純粋な役です。

それゆえ、孤立する役割です。

だから稽古場での大ちゃんはとってもストイックです。

一番体がデカイのに、

稽古場では姿が見えないくらい、

消えてます。出番以外のとき。

戦っています。

でも素顔の大ちゃんは、

とってもかわいらしく、

且つ古風な男らしさも持っていて。

これ以上はネタバレになりかねないのでこの辺で辞めます。

後は本番のお楽しみで。

☆ケージ☆