カテゴリー「●『ストロベリーD』記録」の記事

『ストロベリー』my 総括・後編。

『ストロベリー』my<br />
 総括・後編。

「芸歴ウン年」

とよくテレビ等で聞きますが、

役者始めて10年を過ぎた28歳以降、数えなくなりました。

それは素直に「恐ろしさ」だと思う。

「10何年もやってまだこんなもんか。」と思うに違いない。

だから。

三ツ星キッチン公演では、年齢もキャリアも下から数えた方が早く、いつも追いかける立場です。

今回の『ストロベリードリーム』のメンバーは若く、僕は追いかける側から、牽引する側でした。

「月日は流れる」

だからと言って、何か変わるわけでもなく、だからと言って特別な事をやるわけでもない。

だけど、違ったのは、いつも自分がやっていることを後輩たちがやってくれて、今回は随分役者に専念させていただきました。

こんな書き方したら、いつも専念させてもらえていないようですが、そうではなく、いつもと立場が違うんだなと思いました。頑張り所が違うということでしょうか。

それでもやはり先輩・縄田さんの存在は大きかったです。

誰よりもはしゃいで、締めるところは締めて、稽古場と作品の空気を創ってくれました。

本当に素敵な先輩でした。

そして同じシーンに出ていた、「上條駿」と「竹内真里」、二人の若い才能にもビシビシ刺激を受けました。

芝居って発することは出来ても、受けるのって結構難しいんですけど、二人は毎回新鮮に柔軟に変わってくれ、僕は毎回安心して変化球を投げれました。

そして、

麻里名の音楽、

夏子の懸命さ、

みっつーさんの穏やかさ、

廉くんの冷静さ、

はるかの直向きさ、

受付・しのぶさんの丁寧さ、

そしてそして、

音響・SINGOさん、

照明・健太郎さん、

舞台監督&美術・保志さん、

お三方のマジックがかかり、

恒さんの描いた『ストロベリードリーム』は全員で創った『ストロベリードリーム』となりました。

マリコという役からも、

作品からも、

お客様からも、

仲間たちからも、

多くの事を学んだ『ストロベリードリーム』。

もう締め括らないとね。

いつまでも甘酸っぱい夢から卒業できないから。

本当にありがとうございました!!

啓二

『ストロベリー』my 総括・前編。

『ストロベリー』my<br />
 総括・前編。

3月に入りました。

『朗読劇』も終えて、これでようやっと一息つけましたので『ストロベリードリーム』を締め括ろうと思います。

恒さんから「オカマ役をやってもらうから。」と言われたのはいつだったか。

これまでそうやって色々な役をやらせていただいた訳ですが、今回はどうアプローチしようか考えました。

折しも今は空前の「オネエブーム」。

参考例はいっぱいいるし、ネット検索すれば「俳優の誰それは二丁目の角に立ち続けた」とか色々出てきます。

でも、僕の出来る、僕らしいアプローチは何だと模索しているとき、台本が届きました。

台本を読んである程度のビジョンが出来ました。

恒さんが描いた世界、そしてマリコの発する言葉の美しさ。

「そうだ、俺はオネエを演じるのではなく女性、更には性別を越えた役に挑戦するんだ。」

と。

それでも稽古中は、市村啓二の地のくすんだ感性でマリコを演じていましたが、恒さんの演出で引き上げてくれました。

気がつけば、普段から随分穏やかになったし、いろんなものが違って美しく、愛しく見えてきました。

「憧れ」だけで千秋楽まで踊り歌い切りました。

終わった今、「憧れ」プラス「マリコ」というひとの過去や歴史をもっともっと深く細かく遡れば、また違った「マリコ」だったかもしれない、などと思ってしまうのはまだまだ役者としての未熟な部分です。

それは「マリコ」が僕に残していった課題で、次までの宿題だと思っています。

改めて、「ありがとう、マリコ。」

後編では、「ストロベリードリーム」カンパニーについてです。

啓二

マリコという人。

マリコという人。

『ストロベリードリーム』終幕から二日。

脱け殻にならなかったのは3月1日の朗読劇があるからだとは思いますが、なんだろう、、、脱け殻というか、今までの自分に戻ったということでしょうか。

この一ヶ月、マリコという人が僕の身体に宿り、僕の身体を通して生きていたのだと思います。

公演が終わり、役目を終えたマリコはどこかへ行ってしまいました。

残されたのはただの僕。

だけど今までと違う気がする。

誰よりも近くで、マリコの珠玉の言葉たちを聞き、僕は浄化されていました。

また僕の身体に戻ってきてくれる事はあるのだろうか?

戻って来てほしい。

その時までにもっと美しい器になっていたい。

身心共に。

ありがとう、マリコ。

また会う日まで。

啓二

『ストロベリードリーム』終幕。

『ストロベリードリーム』終幕。


 
みなさん、こんにちは。
 
『ストロベリードリーム』全10公演、無事に終了することができました。
 
ご観劇、ご感想、応援メッセージ本当にありがとうございました!!
 
この作品、仲間、マリコとの出逢いに感謝!
 
自己総括は3月に入ってからとさせていただきます(>_<)
 

あ、公演終わりましたので、マリコ写真、どうぞブログ等にアップしてください。
 
さらにもしよろしければその写真データを送っていただけると嬉しいです。
 
までお願い致します。
 
さて、写真の金ぴかの高級時計。
 
買いました!!
 

ご褒美?
 
いやいや、
 
小道具です。
 
3月1日の朗読劇の役作りのためです。
 
ずっしり来てます。
 
そして、今朝、マニキュアも落としました。
 
昨夜までの華著な指が一気に無骨に(゜ロ゜)!!
 
華やかなあのバブルの時代へタイムスリップしてきます。

 
これから稽古、行ってきます。
 
お時間ある方是非お越しください!!
 

 
『華・花・はな』語り人 奏で人
 
【出演】
 
鈴木雅
 
前川実紀 

市村啓二
 
小出小百合
 
【ピアノ演奏】
 
中条和丈
 
【日時】 
2013年3月1日(金)
 ●昼の部14時開演 
○夜の部19時開演
 
【会場】 
立川くれっしぇんど 

(キャパ50席のライブハウスです)
 
【チャージ料金】 
2,500円
(別途料金はございませんが、別料金で飲食のご用意 もできます。)
 
【チケットお申し込み】
 
 
まで、
 

●件名『朗読劇申込み』とご記入いただき
 
●お名前 
●ご観劇時間14時か19時か
●ご希望枚数
 
以上を明記の上ご連絡ください。
 
 
 
啓二
 
 

最愛。

最愛。
みなさん、おはようございます。

『ストロベリードリーム』

本日千秋楽です。

2月1日の顔合わせからここまでの日々。

メンバーと本当に一緒だった。

毎回の稽古、誰一人欠けることなく、
また自分のシーンが終わったから帰っていいのに、最後まで他のメンバーの稽古を見守る。

そんな最愛の『ストロベリードリーム』カンパニー。

このメンバーで創るこの作品もあと2ステージ。

込み上げるものがあるのは正直な気持ち。

でも、今はそんな気持ちも雑念。

作品の世界にどっぷりと浸かりたいと思います。

ご観劇いただきましたお客様ありがとうございます。

本日お待ちのお客様、

お待ち致しております。

啓二

きらきらぴかぴか。

きらきらぴかぴか。

みなさん、おはようございます。

『ストロベリードリーム』、

中日が終わり、早くも折り返し。

みんな何処となく寂しさが込み上げてくるころ。

しかし千秋楽まで細かな演出も入り、最後の最後まで進化をしていきます。

写真はわたしの指。

磨いてもらい、ネイルを施していただき、仕上げはラインストーン。

もう愛しさが止まらない。

阿佐ヶ谷の小さな劇場の中で流れるきらきらぴかぴかした物語。

それがストロベリードリーム。

あと、4回。

各回ほぼ完売となりつつありますが、キャンセル等で空きが出る可能性もありますので、お問い合わせください。
それでは、今日も輝いてきます。

★ご注意!★

土日は中央線は阿佐ヶ谷を通過しますのでご注意ください!

JRでお越しの方は総武線各駅停車です!

まりなのブログを読んで「そうだ!」と思いまして、

ご案内させていただきました。

啓二

カンパイ!!

カンパイ!!

みなさん、おはようございます。

『ストロベリードリーム』

昨日二日目、計4ステージ終了しました。

ご観劇いただけたみなさま、ありがとうございます。

毎回たくさんのお客様に観ていただき、僕らも毎回よい緊張の中、舞台に立てています。

5日間、10ステージ。

75分の物語ですが、毎回昼夜公演はやはり消耗します。

んがっ!!

役者にとってこれほどの幸せがあるだろうか?

やはり舞台に立って、お客様に観ていただいて、生きて、そこにこそ役者の幸せはあるのだと思います。

だって写真のみんなの笑顔(^○^)

幸せそう。

だから僕らは飽くなき情熱で今日も舞台に立ちます。

本日折り返し、さらに深く。

お礼・今日までたくさんのコメントありがとうございます。
ひとつひとつ大切に読ませていただき、エネルギーにさせていただいています。おひとつずつご返事できず、すみません。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


啓二

初日あけて。

初日あけて。
初日あけて。
初日あけて。
みなさま、おはようございます!!

『ストロベリードリーム』

昨日無事に初日の2ステージを終える事が出来ました。

ご観劇いただいたお客様、ありがとうございます。

緩やかで穏やかな空気が漂う作品ですが、根底には激しさと壮大さが流れている作品です。

上演時間は80分ほどですが、
終わったあと、なんともいえない脱力が押し寄せます。

疲労ではないなにか。

メイクを落とし、劇場から出たとき宿ったものが一時抜ける瞬間。

安堵より寂しさが込み上げます。

まだ初日なのにねぇ。

作品はお客様から嬉しい反応をいただいています。

そしてやはりお客様から教えていただくことの多いこと、、、。

それを持って今日も新鮮に『ストロベリードリーム』の世界にダイヴしてきます!!

みなさま、劇場でお待ち致しております。

お礼・「ふあんくらぶのみなさま」「羽田さん」「トオルさん」いつも素敵なお花ありがとうございます。

そして、差し入れもいただきましてありがとうございます。
タイトルからか季節柄でしょうか、「イチゴ」もたくさんいただきました。ありがとうございました。

啓二

ストロベリーな初日。

みなさん。おはようございます。

いよいよ本日『ストロベリードリーム』の幕が開きます。

昨日は朝から劇場をストロベリーの空間に作り上げてきました。

メンバー一丸となり、独特の空間が出来上がったと思っています。

ゲネプロも無事に終え・・・

いよいよ本日お客様に観て頂き、ストロベリードリームが誕生します。

うぅぅぅ・・・楽しみ。

さて、

ここから何点か皆様にお願いがあります。

●会場はキャパ50席の小さな劇場です。

お席は自由席ですので、ご希望の位置がごさいました、

お早めにご来場ください。

開場は開演30分前です。

●こまめに室内設定をしてまいりますが、

全ての方に適温設定するのは難しいです。

寒い日が続いている最近、

お客様によっては寒く感じられる方もいらっしゃると思いますので、

中に一枚多めに着込むなどのご自身での調整していただけますよう、

よろしくお願い致します。

●会場にはお手洗いがおひとつしかございません。

お時間に余裕がありましたら、お済ませの上、ご来場いただくことをおすすめ致します。

以上です。

それでは劇場にてお待ち致しております。

今日まで大切に積み上げてきました。

自信を持っていざ舞台へ!!

啓二

稽古納め。

稽古納め。
稽古納め。
長い一日でした。

今日は朝10時に劇場にて稽古開始。

そして適度にアップをして通し稽古。
終わって稽古場移動してから再び通し稽古。

みんなおそらくクタクタ。

だけど充実のラスト通し稽古でした。

これにて稽古納め。

と、いうことは、、、???

そう!

カレー!!

しょっちゅう出てくる最高のカレー屋さんにて稽古納めの乾杯!!

明日から始まる怒涛の時間を前に一息。

いやぁ盛り上がったなぁ。

だってまだみんな出会って12日目なのにこの意気投合さったらないですよ!

そんなメンバーでつくる『ストロベリードリーム』まもなく始まります。

ここでインフォメーションですが、

お得なペアチケットですが、

これは飽くまで前売りの特権ですので、締め切りは明日19日の23時59分までのお申し込みとさせていただきます。

迷われてる方、是非!!

啓二

より以前の記事一覧