カテゴリー「●『サンダーボルト55』記録」の記事

『55』my 総括。

『55』my<br />
 総括。
劇団パートイマーズ第4弾『サンダーボルト55』無事に全日程終了致しました。

ご観劇いただいたみなさま、

エールを送っていただいたみなさま、

本当にありがとうございました。

第4弾とはいえ、

僕としては新たなスタートだと思ってのスタートでした。

今作から旗揚げメンバーは遂に僕だけとなってのスタート。

もちろん、作・演出の恒さんは今回も健在ですので、絶対的な信頼と安心はありましたが。

不安はありました。

でも、何故でしょう。

その不安は早々になくなりました。

色々と変更ありつつも、決定した今回のメンバー。

それが結果としてここに選ばれるべくして集まったメンバーだと思いました。

それは舞台上だけでなく、稽古から舞台裏、福島ツアーを終えるまで。

必要なパートを必ず誰かが担当してくれる。

そんなカンパニーでした。

そしてひとりひとりがこの『サンダーボルト55』という作品を愛してくれていたと。

役者の作業はそこから始まると、

僕は一番最初に教わりました。

愛があるから伝えたいエネルギーが沸いてくる。

だからそれが伝わったお客様からの反応は最大級の喜びがあります。

それを東京で14回、そして福島と合わせ15回味わえた事は、僕たちのこれからの財産になったと思っています。

この大きな宝物を持って、

メンバーそれぞれ次に向かって歩き出しています。

ひとつの作品が終われば、

すごろくのふりだしに戻るような感覚です。

これからまた地道に一歩ずつです。

がんばります。

ありがとう『サンダーボルト55』、

ありがとうメンバーのみんな、

そして、

みなさん、ありがとうございました!!

劇団パートイマーズ 市村啓二

ふるさと・ふくしま。

Dsc_0534_2
 
みなさん、おはようございます。
 
『サンダーボルト55』福島公演無事に終了しました。
 
ご観劇頂いたみなさま、ありがとうございます。
 
一週間ぶりの『サンダーボルト55』、
 
東京公演後、久々に会うメンバー、キャスト揃って(トシさんは当日入り。)
 
公演前日、福島へ向けて道中わいわいしながら移動。
 
旅公演の醍醐味です。
 
キャパ50席の劇場を飛び出し、4倍のサイズの劇場へ。
 
この劇場にお客様を呼んで頂いたのは「かつよさん」「きよみさん」「りえちゃん」を中心にした地元有志の方々でした。
 
運動会やお祭りと重なる時期、
 
東京の劇団?芝居?
 
なかなか足を運んで頂くのは難しいとおもいます。
 
その呼びかけに応えていただいた町民の方々、
 
夏子と、夏子のご両親が尽力してくださり、やってきた夏子の同級生や関係者の方々、
 
新潟からやってきてくださった、むしゃまゆご家族・親戚御一行様、
 
トシさんのご両親。
 
東京から『サンダーボルト55』の大千秋楽を見届けようとやって来てくださった方々。
 
ぼく個人的にも、かつて所属していた劇団の先輩や、
 
そのころずっとずっとお世話になり、育てていただいた福島の方々に観て頂けたこと、再会出来た事。
 
それぞれの想いが詰まった『サンダーボルト55』福島公演は特別なものになりました。
 
「自身を持ってやってきたけど・・・本当に喜んでいただけるのか・・・」
 
不安もよぎりつつ。
 
そんな不安は冒頭から消えました。
 
笑い、涙が渦巻くような、
 
最後はあたたかい毛布で包まれるような劇場となりました。
 
終演後、お客様をお見送りロビーへ。
 
幅の広い年代の方々に観て頂きました。
 
そしてたくさんの「ありがとう」の言葉をいただきました。
 
役者たちはもらい泣きし、
 
ぼくももちろん・・・涙です。
 
* * * * * * * *
 
「石川町にパートタイマーズを呼びたいんだよね〜」と、
 
かつよさんたちと話したのは昨年くらいだったでしょうか。
 
何気なくまだぼんやりとしていましたが「やる!」と決めてからは簡単な事ではありませんでした。
 
でも「難しいことほど得る物も大きい」
 
そんな当たり前の事を今一度身を持って感じる事が出来ました。
 
「劇団パートタイマーズ」旗揚げ公演が2011年3月の末、
 
あの地震が起きたのが初日2週間前を切っていました。
 
全ての人の人生と、生活と、考え方を変えたあの地震。
 
ぼくたちパートタイマーズも初日を前に立ち止まりました。
 
「やるべきか」「やめるべきか」
 
メンバー内でも会議を重ね、「開催」を決定しました。
 
そうして幕を開けた第1弾『イエスダディ』
 
池袋の小さなカフェでひっそりと産声を挙げた「劇団パートタイマーズ」。
 
まだ震災後の落ち着きも戻らない、余震も続く時期でいたが、
 
多くの方々に観て頂けました。
 
しかし・・・
 
ぼくが役者をスタートした18歳から今までずっとずっと観て頂いている福島の方々には、観て頂くことはできませんでした。
 
あらゆる交通手段を検索しても、東京までの方法がない。
 
そんな状況でした。
 
それから劇団パートタイマーズの作品は、
 
パートタイマーズで上條恒氏が描く台本はいつも「福島」と共にあります。
 
また行きます。福島へ。
 
今回福島を訪れた『サンダーボルト55』メンバーにとっても福島が自分の「第2の故郷」になったなら嬉しいです。
 
福島のみなさま、
 
「市村啓二ふあんくらぶ」のみなさま、
 
ありがとうございました。
 
そしてこれからもよろしくお願い致します。
 
Dsc_0540
 
E58699e79c9f202
※最後に集合写真。
神奈川組のまゆみちゃん、良太、由香、SINGOさんは先に出発したため残念です。
 
Dsc_0533_2
※Hataさん、いつも公演のたびお花をありがとうございます。
石川町の劇場にも素敵なお花が届きました。
 
啓二

無事に石川町着。

無事に石川町着。
無事に石川町着。

えー、みなさま、おばんです。

『サンダーボルト55』大千秋楽の地・福島県石川町にやってきました。

朝、トラック借りして〜積み込んで〜キャストたちと合流し、一路福島へ。

首都高事故渋滞などのトラブルもありも、焦らず進む。

東京出発し、3時間30分。

無事に石川町に到着しました。

すごく近く感じました。

みんなでワイワイしながら進む道中はまるで『サンダーボルト』のエンディングの続きのようでした。

(トシさんは明日当日いりメンバーですが。ごめんなさい。)

さぁ、明日。

いよいよ、

遂に、

『サンダーボルト55』打ち上がります。

今回の公演地・石川町の隣のとなり、棚倉町は夏子の故郷です。

明日の客席の半分は夏子のお客様。

つまりは凱旋公演です。

きっと、

間違いなく、

よい劇場になると思っています。

みんなと、

作品を信じていってきます。

それでは、おやすみなさい。

啓二

一週間って。

一週間って。

みなさん、こんばんは。

明日、いよいよ『サンダーボルト55』福島へ出発です。

日曜日に東京千秋楽終えて、

「一週間、結構時間あるなぁ。」

なんて思っていたらば、

もう明日出発です。

あわわ。

で、

今日『TOMORROW homme』稽古終わりに荷物の準備。

数日ぶりにあうセットや小道具、チラシをみると一気に『サンダーボルト55』の世界に戻れます。

福島公演が泣いても、笑っても『サンダーボルト55』の締め括りです。

そして、会場も阿佐ヶ谷プロットから大きな劇場へ。

大きくはなるけど、設備的に減ることもあり、

ここは力と知恵の出しどころ!!

福島スペシャルバージョン演出でお届け致します。

よっしゃー、いくで!

啓二

『55』東京公演・終幕。

Photo_3


皆様、こんばんは。

昨日無事に『サンダーボルト55』東京公演全14ステージ終えることが出来ました。

ご観劇いただいたみなさま、

ご声援、メッセージを送ってくださったみなさま、

本当にありがとうございました。

「全14ステージ」

小劇団の公演でこれだけ出来るのは、役者として幸せな事です。

ずっと稽古してきて、ダブルキャストで立てて3ステージ、ということもよくあることですから。

稽古でももちろんですが、

やはり役者を成長させてくれるのは本番の舞台と、劇場と、お客様です。

また、

9月に初めて顔を合わせたメンバー、

途中参加の武者真由に至っては10日間の稽古。

それにも関わらず、最後には家族のようになるのだから、

芝居とは不思議なものです。

時間ではなく、密度でしょうか。

何はともあれ、

無事に東京公演を終えることが出来た事の安心と感謝をみなさまにお伝え出来る事が何より嬉しいです。

そして、

今週土曜日には「福島公演」。

念願の。

ただ、

ものすごく今から緊張しています。

でも、

楽しみです。

啓二

『55』千秋楽・朝。

『55』千秋楽・朝。

みなさま、おはようございます。

劇団パートタイマーズ第4弾『サンダーボルト55』本日千秋楽です。

東京公演、先週土曜日からはじまり全14ステージ。

すっかり阿佐谷在住と錯覚するくらい馴染んできましたが、

本日、残り2ステージで東京公演終わりです。

全力疾走してきます。

昼12時、

夜16時、

どちらの公演もまだ若干のお席ご用意できます。

当日券で、

もしくはkeijinoie@yahoo.co.jp

まで。

メンバー一同、勅使河原家にて、お待ち致しております。

啓二

夢の・・・

夢の・・・


 
昼公演のみ!
 
こういうスケジュール組みたいよね。
 
と、発案し、今回の『サンダーボルト55』のスケジュールが組まれました。
 
昼で終わったら夜はどうするの?
 
 
もちろん、
 
飲むでしょ!!
 
 

ということで、今回、中日パーティーをお客様と一緒に楽しむ会を開催。
 
いやぁ・・・
 
お客様をおもてなしするはずが・・・
 
すっかり楽しみ、powerをいただきました。
 
普段劇場ではお会いするけど、お話まではできないので、こうしてゆっくりお酒とご飯を食べながらお話できてホントに楽しかったです。
 
トップの写真はおひらき前にメンバーでパシャリ!!

 
後半戦、いくぜぃ!!
 
そしてインフォメーションです。
 
明日金曜日〜福島公演まで、まだお席はご用意できますので、
 
初見、リピート大歓迎です!!
 
ご連絡は、
 
 

まで。
 
サンダーボルト、GO!GO!
 

 
劇団パートタイマーズ第4弾
ドント・マインド!ヒューマン!コメディ『サンダーボルト55 GO!GO!
 

劇団パートタイマーズ 第3弾作品『C・A』に登場した生命保険セールスレディ・『テッシー』こと勅使河原理以沙(テシガワラ・リイサ)が今回は完全主演となり帰ってくる。女子会川柳の選考委員となった勅使河原。締め切りが迫るが進まない選考、煮え切らない上司。勅使河原の提案で各支店の選考委員を自宅に集め会議を始める事に。そこに何故か現れる山形幸二郎。さらには勅使河原家の問題も噴出!!旦那のアニメメタルバンドが解散の危機!!
さぁどうする!どうなる?ついにテッシーが吠える!歌う!舞踊るゥ〜!アタタタタタ!!!
 

感動の結末を見逃すな!!
 
2013年9月、劇団パートタイマーズの新たな物語が始まる!
 
【作・演出】上條恒
【構成】伊藤俊彦
【音楽】KAZZ
【キャスト】武者真由 伊藤俊彦 麻宮良太 進藤由香 村井麻友美 藤田遼平 後藤夏子 市村啓二
 
☆東京公演☆
【日程】
2013年9月28日(土)〜10月6日(日)

【会場】
阿佐ヶ谷アートスペースプロット
【タイムテーブル】
●10月4日(金)19時
●10月5日(土)15時/19時
●10月6日(日)12時/16時
 
 
※開場は各回開演の30分前です。
 
【チケット】
全席自由・前売り¥4,000/当日¥4,500
 
啓二

DNA。

みなさん、おはようございます。

 
『サンダーボルト55』早いもので本日中日です。
 
今回は公演期間も長い!なんて思っていましたが、
 
始まれば早いものです。
 
折り返すと特に早いですが、ここから今一度作品と向き合い、
 
丁寧に、大切に一回一回舞台に立ちます。
 
Photo_2
 
写真はオカンと幸二郎。
 
Photo_3
 
でこちらがオカンとオトン。
 
どうでしょう。
 
DNA継いでますでしょうか?
 
オカンはかたくなに、
 
「お父さんの方が若い!!」と言い続けておりました(笑)。
 
啓二
 

『55』開幕だGO!GO!

Dsc_0513_4

みなさま、おはようございます。

 
劇団パートタイマーズ『サンダーボルト55』
 
昨日無事に初日の幕が開きました。
 
ご来場いただいたみなさま、
 
ありがとうございます。
 
ひとまず、、、
 
「ホッと。」
 
ですね。

 
山形幸二郎という自分の1.8倍くらい生きてきた男を僕は演じています。
 
今回で4回目。
 
ようやく楽んで生きています。
 
今までは「我が家」へ迎える作品だったけど、今回は「お客」だから、それもあるかも。
 
上條恒氏が生み出した「山形幸二郎」というひとりの男。
 
「真面目」
 

とよく言われる僕からみても、
 
「もっともっと真面目一筋」なひとりの人生。
 
自分と重ねて醸せるところは重ねて、
 
足りない分は憧れで、
 
出来たらいいなと思っています。
 
「ジタバタしない。」
 
今回のひとつのテーマです。
 
今日も張り切っていってきます。

 
各回、まだお席ご用意できます。
 
当日のお申し込みでも、
 
開場1時間前まででしたら、
 
前売りでご用意させていただきますので、
 
お悩み中、
 
時間が出来た!
 
などなど、大歓迎です!!
 
お申し込みは、
 

 
までお願い致します。
 
阿佐谷でお待ち致しております。
 
啓二
 

 
 
劇団パートタイマーズ第4弾
「ドント・マインド!ヒューマン!コメディ!』
 

『サンダーボルト55GO!GO!』
 
【作・演出】上條恒
【構成】伊藤俊彦
【音楽】KAZZ
【キャスト】武者真由 伊藤俊彦 麻宮良太 進藤由香 村井麻友美 藤田遼平 後藤夏子 市村啓二
 
☆東京公演☆
【日程】
2013年9月28日(土)〜10月2日(日)
【会場】

阿佐ヶ谷アートスペースプロット
【タイムテーブル】
●9月28日(土)15時/19時
●9月29日(日)13時/17時
●9月30日(月)19時
●10月1日(火)19時
●10月2日(水)☆15時/19時
●10月3日(木)☆15時/★中日パーティー※1
●10月4日(金)19時
●10月5日(土)15時/19時
●10月6日(日)12時/16時
 

※1 ★10月3日(木)は15時の回のみ上演。終演後、阿佐ヶ谷のお店で、ご予約のお客様とキャストの中日パーティーを計画しております。(別途 参加費¥5,000。木曜日ご観劇でないお様もご参加できます)
※2 開場は開演の30分前です。
 
【チケット】
全席自由・前売り¥4,000/当日¥4,500
☆の回・ウィークデーマチネ特価・前売り¥3,000/当日¥3,500
 
 
☆福島特別公演☆

【日程】
2013年10月12日(土)開演17時(開場16時30分)
【会場】
石川町共同福祉施設ホール
【チケット】
全席自由・前売り¥2,500/当日¥3,000

『55』初日の朝。

みなさま。
 
おはようございます。
 
気持ちのよい秋晴れ。
 
窓を開けると新鮮で涼やかな風が体に入ってきます。
 
近所からは運動会の声が聞こえてきます。
 
劇団パートタイマーズ『サンダーボルト55』本日初日です。
 
不思議とおだやかな朝を迎えました。
いよいよ、お客様に観ていただいて誕生します。
 
劇場でお待ち致しております。
 
さて、
 
恒例の案内人KK氏による「劇場までの道案内」です。
 
今回は全席自由。
 
開場は各回、開演30分前です。
 
お手洗いは会場におひとつしかございませんので、お済ませのうえご来場いただくことをお勧め致します。
 

 
東京メトロ丸ノ内線・南阿佐ヶ谷駅からのご案内です
 
ゆっくり歩いて6分から8分で最速3分らしいですね〜〜
 
営団地下鉄…お、年代がバレるな〜もとい、東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅からのご案内です。
 
新宿の方からいらっしゃいます場合でご説明致します。
出口1番を出て下さい。
(荻窪からの方!出口2a番へ)
新宿からの方!出口は1つです!
改札口を出て階段を上がります。
 
足腰に自信のない方!改札口左側にエレベーターあります!
 
階段を上がると
右へ曲がります!
セブンイレブンの前の信号の横断歩道を渡ります目の前には荻窪側の出口があります!信号を渡り右へ曲がると、ミスタードーナツが左側に、杉並区役所が鎮座!
これ区役所なの?
 
なんて言いながら直進します。右側に歩道橋!おパールセンターの入口も無視を決めて、白い看板に黒字で『つけめん』と書いてある。その手前の石屋さんの角を左に曲がります!
え? こんな住宅街に…大丈夫です!南阿佐ヶ谷すずらん緑地は右側に…
 
黄色の中華屋が目に入ったら安心して下さい。
だってパンダが可愛く見守っております!ので右に曲がると2件隣にアートスペース プロットに到着!
どうぞごゆっくり!
 
JR 阿佐ヶ谷アートプロットへ道案内します!
徒歩12分みたら大丈夫です!
もちろん早歩き8分
ゆっくり歩きの方18分
 

 
 
続いてJR阿佐ヶ谷駅からご案内します!
改札口を出て右側へ南口です!タクシー乗り場を左手へ曲がると信号を渡り、
アーケード商店街のパールセンターです!
 
パールセンターををとにかく直進します!
結構長いです。
 
結構美味しい物が並んでますから!もう早く来て食べるのも有り!って感じです!
中でも、ミート屋というミートパスタ専門店は大人気です!
ヒルナンデスに特集くまれて、もしかして
今日食べられないかも!
と思って着いたら!
 
あの伊藤氏もヒルナンデス?
 
 
生パスタは割と堅めです!トッピングに揚げ茄子と温泉卵!!
まぁまぁ美味しかったかのぅ!
 
その先にあるのは生地から作るピザ屋さん!
どうなんだ?
 って随分歩いてますけど、心配になる頃ですよね!!
あっ!アーケード商店街が終わってしまう!
 
はい、そのアーケード最終点が二股に、左へ往くべきか?右へ往くべきか?
 
左にして下さいませ!!ここからは屋根がありませんよ!
 
すずらんの電灯が可愛いぃ〜100メートル程進むと左側に黄色の中華屋さんパンダの『天源』
 
2件隣がアートスペース プロットでございます。
因みに東京メトロ:丸の内線南阿佐ヶ谷駅からだと最短3分!普通歩き5分です!  
 
※土日祝日は中央線快速は「阿佐谷」停車致しませんので、ご注意ください!!
 

 
それでは、劇場でお待ち致しております。
 
啓二

より以前の記事一覧